background preloader

Home

Home

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/

The WWW Virtual Library Osteopathic research The R Project for Statistical Computing India - International Publisher Science, Technology, Medicine Basket France » Change » New User Login Customize Page Home My Springer Manage your Account Change Email or Postal Address Change Password Password Lost? Manage your Alerts Change alert profile Unsubscribe Services & Searches Article Tracking Online Book Review Copies Recent Searches Saved Searches Saved Catalogs Subjects Choose a discipline: Architecture & Design Astronomy Biomedical Sciences Business & Management Chemistry Computer Science Earth Sciences & Geography Economics Education & Language Energy Engineering Environmental Sciences Food Science & Nutrition Law Life Sciences Materials Mathematics Medicine Philosophy Physics Popular Science Psychology Public Health Social Sciences Statistics Services Find all our Services for: Advertisers Authors Booksellers Book Reviewers Instructors Librarians Societies & Publishing Partners Subscription Agencies We are happy to help you! Discounts & SpringerToken DVD & CD-ROM Support Online Exam Copies Order process Rights & Permissions Search Support SpringerAlerts & Newsletter Springer & Open Access Press

Invisible Web: What it is, Why it exists, How to find it, and Its inherent ambiguity What is the "Invisible Web", a.k.a. the "Deep Web"? The "visible web" is what you can find using general web search engines. It's also what you see in almost all subject directories. The "invisible web" is what you cannot find using these types of tools. The first version of this web page was written in 2000, when this topic was new and baffling to many web searchers. These types of pages used to be invisible but can now be found in most search engine results: Pages in non-HTML formats (pdf, Word, Excel, PowerPoint), now converted into HTML. Why isn't everything visible? There are still some hurdles search engine crawlers cannot leap. The Contents of Searchable Databases. How to Find the Invisible Web Simply think "databases" and keep your eyes open. Use Google and other search engines to locate searchable databases by searching a subject term and the word "database". Examples: plane crash database languages database toxic chemicals database Remember that the Invisible Web exists.

R を利用する この文章は2001年に書いたもので、かなり古くなってしまいました。 現在では Rjp wiki などを参照されたほうが良いと思います。 R はベル研究所で開発された S 言語に基づいたデータ解析用の環境で、 自由なソフト、オープンソースウェアとして公開されています。 商用ソフトと同様な統計式を使用できます。Unix, Macintosh, Windows のどれでも動きます。 ここでは詳しい説明ははぶくので、R に確実に入門するには CRAN のAn Introduction to R CRAN:Manuals 、あるいはその日本語訳 統計言語 R の関連ドキュメントの和訳 を読むことをおすすめします。 もちろん、データの扱いをすべて R に頼るというわけではないので perl などによるテキストデータの扱いに慣れていることも Unix 上でデータ解析をするのに必要でしょう。 データ解析の流れ 起動法 データの読み込み データフレームの編集 データを見る 統計モデル (直線回帰、非線形回帰) を当てはめてみる Tips example の利用 パッケージの読み込み 起動時のオプション テキストファイルへの入出力 データの編集 関数のプロット プロットの軸の操作 エラーバー付きのプロット 3次元プロット 描画したプロットを記録 基本的な統計法 分散分析と多重比較 相関 頻度の検定 フィッシャーの正確確率検定 ノンパラメトリック検定 Mann-Whitney U 検定 npmc を使った多重比較 一般化線型モデル 統計モデルの構造と例 オフセットありのポアソン GLM R 入門への参考 R あるいは S を知らない人のために、まず一通りどのように解析していくか、 簡単な例で流れをつかんでみます。 R はコンソールから対話的に利用することも、 言語をファイルから読み込んで自動的に作業をすることもできます。 R を kterm などのコンソールから直接使うと、 関数や変数に何があるのか補完してくれないため、 それらを覚えておかなければならず不便です。 手順としては、まず emacs を動かし、M-x R と入力してリターンキーを押します (Alt キーを押しながら x をタイプし、その後 R と入力します)。 ESS [S(R): R] stating data directory? と聞いてくるので、作業をするディレクトリを指定します。 p

The Sphere | Infinite Network Welcome to the Infinite Network, the ultimate luxury social network, where only the most eligible people are accepted as members. It has often been said that we are the most private website in the World. The success of our network relies on our selection criteria. Join the network

Top 6 Underground Search Engines You Never Knew About Advertisement I love Google, Bing and Yahoo just as much as the next Internet user, but sometimes you really want to dig down into a particular subject. In order to do that, you really need access to those underground search engines that may not be quite as well known, but they dig much more deeply into specialized areas of the Internet than the general search engines are capable of. In many cases, these search engines are tapped into what is currently termed the “invisible web,” which is the information available on the Internet that standard search engines don’t have access to, because they are buried behind query forms or directory requests. The following 6 underground search engines that I chose are not porn sites, illegal piracy sites or anything else that could get you in trouble with the law, or with your significant other. The available list of Torrent sites that are plugged into this meta-search is impressive, and even more impressive are the search results.

高校の数学とコンピュータ 2000ǯ11·î06ÆüÀßÃÖ¡¡2001ǯ9·î29ÆüÊѹ¹ ¤³¤Î¤¿¤Ó¡¢¿ÈÊÕ¤¬Ë»¤·¤¯¤Ê¤Ã¤Æ¤­¤¿¤¿¤á¡¢¤Þ¤³¤È¤Ë¿½¤·Ìõ¤¢¤ê¤Þ¤»¤ó¤¬ ¹¹¿·¤ò½ªÎ»¤µ¤»¤Æ¤¤¤¿¤À¤­¤Þ¤¹¡£¡Ê¤â¤¦¤º¤¤¤Ö¤óÁ°¤«¤é¹¹¿·¤·¤Æ¤Þ¤»¤ó¤¬(^^; )¡£Ä¹¤¤´Ö¡¢¤´°¦Æɤ¢¤ê¤¬¤È¤¦¤´¤¶¤¤¤Þ¤·¤¿¡£ ¥á¡¼¥ë¤Î¤Û¤¦¤â¤á¤Ã¤¿¤Ë¸«¤ë¤³¤È¤Ï¤Ê¤¯¤Ê¤ê¤Þ¤¹¤Î¤Ç¡¢¼ºÎé¤Ê¤¬¤é¤ªÊÖ»ö¤Ïº¹¤·¾å¤²¤é¤ì¤Ê¤¤¤«¤È»×¤¤¤Þ¤¹¡£ ¤Ê¤ª°ú¤­Â³¤­¥³¥ó¥Æ¥ó¥Ä¤Ï»Ä¤·¤Æ¤ª¤­¤Þ¤¹¤Î¤Ç¡¢Ä¾ÀÜŪ¤Ê±ÄÍøÌÜŪ°Ê³°¤Ç¤·¤¿¤é¡¢¤´¼«Í³¤Ë¤´ÍøÍѤ¯¤À¤µ¤¤¡£ ±ÜÍ÷¤·¤Æ¤¯¤À¤µ¤Ã¤¿³§¤µ¤óËÜÅö¤Ë¤¢¤ê¤¬¤È¤¦¤´¤¶¤¤¤Þ¤·¤¿¡£(2003.10.27) ¤è¤¦¤³¤½¡¢¤¤¤í¤¤¤í¤Ê¥½¥Õ¥È¥¦¥§¥¢¤Î¾Ò²ð¤ä̵ÎÁ¥À¥¦¥ó¥í¡¼¥É¤Ê¤É¤·¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£ ¤¤¤é¤·¤Æ¤¯¤ì¤¿Êý¡¢À§Èó¥²¥¹¥È¥Ö¥Ã¥¯¤Ë¤â­Àפò»Ä¤·¤Æ¤¯¤À¤µ¤¤¡£ R¤Ç¤ß¤ë¹â¹»¿ô³Ø ¹â¹»¿ô³Ø³Îǧ¥×¥ê¥ó¥È Nexopia Nexopia.com is a Canadian social networking website created by Timo Ewalds. It was designed as a general interactive site for people aged 14 and up, but the age limit recently was lowered to 13.[2] Users are able to create and design their own profiles, friends list, blogs, galleries, articles, and forums. Interaction is accomplished through an internal personal messaging system, and public user comments on profiles, blogs or through threads and posts on the forums. In November 2012, Nexopia was acquired by digital ad network Ideon Media.[3] History[edit] Nexopia evolved from the community site called Enternexus.com, a website built by Timo Ewalds. In October 2010, the site had just under 1.5 million users and nearly 35 billion hits. The website has also been the target of hackers and has been targeted by Distributed Denial of Service or DDoS attacks at least twice in its early days.[8] Update[edit] Members[edit] Criticism[edit] Forums[edit] Memberships[edit] References[edit]

Home Page untitled Puppy Linux 日本語版 Puppy Linux(パピーリナックス)は2003年にオーストラリアのBarry Kaulerさんによって公開されました。小さく(バージョン4.3で約105MB)、軽いながらたくさんのアプリケーションを 持ったLinuxです。世 界各国語に翻訳され、多くの派生ディストリビューションがあります。 パピーリナックスの目標 USB、ZIPまたはハードディスクに簡単にインストールできる事。 CD(あるいはDVD)から起動しても、CDドライブは他の目的のために使える事。 日本語版はエクストラドライバや日本語環境を追加しますとサイズはちょっと大きくなります。 このサイトについて このパピーリナックス日本語版ホームページではPuppy Linuxを日本語対応版に改良し、できるだけ日本語で使えるようにしたものを公開しています。 2.16.1〜4.31まではオリジナルのPuppy Linuxをベースに直接日本語リソースを組み込んだものを日本語版として提供してきましたが、開発の省力化の為、5.1x以降 は国際化の仕組みを備えた Puplets"Lucid Puppy QuickSet edition"(Lupq) と日本語リソースのpet又はsfsを組み込んだものをベースに開発中です。 lupq-5.xに lang_pack_ja-lupq-0.x.pet をインストールすることで日本語版と同等に使えるようになります。 パピーリナックスの開発は非常に早く、めまぐるしく変化しています。 メッセージ I have no objection to translation of Puppy Linux to Japanese. - Barry Kauler - June,2007 2012/05/01 日本語フォーラム復旧 2012年3月15日 パピーリナックス 431JP2012(日本語版)をリリースしました。 [ 過去のニュース ] [ 更新 履歴 ] パピーリナックスWarry-511-01jの起動画面です。 パピーリナックス4.3.1日本語版の起動画面です。 バージョン4.30日本語版の起動画面 バージョン4.20日本語版の起動画面 バージョン4.1.2日本語版の起動画面 バージョン4.00日本語版の起動画面 バージョン3.01日本語版の起動画面 バージョン2.16.1日本語版の起動画面 注意 CD版 終了 マニュアル

BlipSnips is now Captimo!

Related:  UNIVERSITYbases de donnéesTD1 UE2.13 - méthodescienceRESEARCHfoodOnline resourcesReferencesResearchBiotechnologiarazielx28PeriodicsGeneralBioinf toolsgretchuninfoRRNNcf555Medicalmedicinabibliographiesmarabanque de donnéesDatenbanken und ArtikelsucheMedicalRechercheFERRAMENTAScnahoummedicinaSCKLS