background preloader

Vuroria

Facebook Twitter

Vuforia資料庫. Vuforia Developer Portalのトップページを日本語訳して掲載しています。

Vuforia資料庫

内容は、1~2週間毎に更新しています。 ※この和訳は、Vuforia teamによるものではありません。 オリジナルおよび最新のコンテンツについては、developer.vuforia.comをご覧ください。 Vuforia 6がご利用可能になりました! 9, 2016Vuforiaデベロッパーの皆さまにご満足いただける、充実の新機能と更新をお知らせできるときがやってまいりました。 今春、VuforiaがHoloLensにやってくる! いますぐWindows 10用ベータ版SDKへの先行アクセスにご応募ください。 次世代バーコードVuMark™ ARアプリには、機械や工業製品など広範囲のモノにおいて、ユニークな体験をお届けするという使命があります。 Windows 10とVuMarkへの対応については、今春にも公開となります。 Panorama Mapping and Tracking.

Panorama created in real-time on the mobile phone.

Panorama Mapping and Tracking

Summary Tracking for outdoor Augmented Reality (AR) applications has very demanding requirements: It must deliver an accurate registration with respect to a given coordinate system, be robust and run in real time. Despite recent improvements, outdoor tracking still remains a difficult problem. We implemented a system for the online creation and simultaneous tracking of panoramas.

Panorama 360 iPod Touch & iPhone. Introduction PanoramaGL library is the first open source library in the world to see panoramic views on the iPod Touch 1G, 2G, 3G and iPhone EDGE, 3G and 3GS.

Panorama 360 iPod Touch & iPhone

SVN and source code in Created by Javier Baez - Visit Ecuador Team Important Note: Please add the credits in their projects when using the library. Background The supported features in version 0.1 Beta are: Supports OpenGLES 1.1 Tested with SDK 3.0 to 3.2 Supports cubic, spherical and cylindrical panoramic images Allows scrolling and continuous scrolling Supports scrolling left to right and from top to bottom using the accelerometer Allows to use the inertia to stop scrolling Supports zoom in and zoom out (moving two fingers on the screen) Supports reset (placing three fingers on the screen) Allows you to control the range of rotation in the x, y and z axis Supports Portrait, Portrait Upside Down, Landscape Left and Landscape Right orientation using the accelerometer Supports for events on view.

日本VTR実験室 無料ライブラリ「Vuforia」でARアプリを作る!②【ダウンロード・ビルド篇】-日本VTR実験室-映像会社のスマホアプリ開発部隊. さて、前回見つけたフリーのARライブラリVuforia。

日本VTR実験室 無料ライブラリ「Vuforia」でARアプリを作る!②【ダウンロード・ビルド篇】-日本VTR実験室-映像会社のスマホアプリ開発部隊

早速iPhoneアプリを開発出来るようにセッティングしていきたいと思います。 今回はフレームワークのダウンロードから、実際にサンプルを動かすまでです。 サンプルを動かしてみると夢が膨らみますので、ぜひ試してみて下さい! こんにちはandyです。 今回は、前回予告しましたvuforiaというAR用のフレームワークを使ったサンプルをiPhone上で動作させるまでの手順を説明します(英語がわかる方は公式サイトに載ってます)。 では、まず始めにフレームワークとサンプルプロジェクトをダウンロードするまでを。 まずはダウンロード. 360 degree AR experience. UE4 Integration. AUGMENTED REALITY 3D VUFORIA UNITY TUTORIAL (Part 1) Augmented Reality Tutorial No. 14: Augmented Reality using Unity3D and Vuforia (part 1)

How to make an AR app in 5 minutes with Unity and Vuforia. 【Unity】Vuforia4.0とユニティちゃんを使ってARアプリケーションを作る - プログラムは、用いる言葉の選択で決まる. 以前の記事【Unity】Vuforiaとユニティちゃんを使ってARアプリケーションを作る - プログラムは、用いる言葉の選択で決まる VuforiaからDeveloper云々のメールがちょくちょく届いているなあと思っていたら、どうもバージョン4.0(正規版)がリリースされたらしいです。

【Unity】Vuforia4.0とユニティちゃんを使ってARアプリケーションを作る - プログラムは、用いる言葉の選択で決まる

導入のところが若干変更されていたため、改めてVuforia+UnityでのAR開発をまとめておきます。 ただ諸々の理由から、無料でのAR開発をVuforiaでしていくことは推奨されなくなるかもしれません。 今回作成していくアプリケーションは、任意のターゲットマーカーがカメラに写ったら3Dモデルを表示するという、基本的なマーカー型のARアプリケーションとします。 環境 Mac OSX Mavericks Unity v4.6.2 Vuforia v4.0 SDユニティちゃん v1.0 以前の記事でノーマルユニティちゃんは使用したため、今回はSDを使用。 Vuforia 4.0の入手 入手に関しての変更はほとんどありません。 Vuforia Developer Portal 上記VuforiaのSDKダウンロードページにアクセスし、Unity Extensionをダウンロード。 Target Managerの設定と入手 任意のターゲットマーカーを利用するためのTargetManagerを作成します。 以前の流れTargetManager用のデータベースを作成 現在の流れアプリ用のライセンスキーの作成 -> TargetManager用のデータベースを作成 という感じで、アプリ毎のライセンスキーの取得をせねばならなくなったようです。 まずは上記ページに移動し、Add License Keyから新規のライセンスキーを追加します。 次にアプリケーションの情報を入力します。 UnityでUnityちゃんでVuforiaでAndoridでAR出るまでのメモ.

Unityちゃんを召還するアレです。

UnityでUnityちゃんでVuforiaでAndoridでAR出るまでのメモ

次の記事が非常に丁寧な説明がなされており わかりやすいのでお薦めです! 【Unity】Vuforiaとユニティちゃんを使ってARアプリケーションを作る 本メモは自分用のもの(以前に何度かやったことがある)なので適当です。 ご了承下さい! 簡単にARできちゃう凄く凄いやつなので登録します。 Resouces > SDK > Unity Extention > Download Unity Extension X.X.X ほげGB をDL Unityちゃんのウェブサイト 素敵な規約で高いクオリティのデータです。 UnityのARライブラリ「Vuforia」でサンプル作成. AndroidでARを試すためUnityのライブラリとして提供されているQualcomm製のライブラリ「Vuforia」を使用してみました。

UnityのARライブラリ「Vuforia」でサンプル作成

(iOSにも対応) 今回は、自分の好きなマーカー上にCubeを設置し、動作を確認してみます。 作業としては大きく分けて3つになります。 Asset StoreからVfrofiaをインポート独自マーカーの作成Unityでの作業Unity上で 「Window」->「Asset Store」 を選択し、Asset Storeを表示します。 「vuforia」を検索しインポートします。 Sceneを保存します。 Asset Storeでパッケージが提供される形になって、他のサイトで説明されているような面倒な作業なしに簡単に実装できるようになったので、楽ですね。 無料ライブラリ「Vuforia」でARアプリを作る!④【Unityで開発篇】 Vuforiaを使ったARアプリ開発。

無料ライブラリ「Vuforia」でARアプリを作る!④【Unityで開発篇】

Xcodeで地道に作業するのもいいですが、もっと楽な方法があるんです。 それはゲーム開発環境「Unity」を使うこと。 今回はUnityの導入方法からサンプルモデリングデータの読み込み、さらにはアプリの書き出しまで行います。 ちょっと長いですが…むずかしくはないのでご安心を! こんにちはandyです。 これまでの3回はxcodeで作業してましたが、今回はUnityという3Dゲーム開発環境を使ってARのサンプルコンテンツを動かしてみたいと思います。 以前は書き出しライセンスを購入しないとスマートフォン用の書き出しができなかったのでARのサンプルコンテンツを動かすには書き出しライセンスの購入が必要でしたが、最新のバージョンでは書き出しライセンスが初めから有効になっていて書き出しができるようになりました。 Unity+ARで何ができるのか(1):Unityでも使える無料ARライブラリVuforiaの基礎知識とライセンス登録、インストール、簡単な使い方 (2/3) VuforiaをUnityで動かす準備 前置きが長くなりましたが、これから実際にUnityとVuforiaを用いてARのコンテンツを制作していきます。

Unity+ARで何ができるのか(1):Unityでも使える無料ARライブラリVuforiaの基礎知識とライセンス登録、インストール、簡単な使い方 (2/3)

なお、ここからの説明は、2015年7月13日の原稿執筆時現在のものです。 バージョンが上がっている際には適宜読み替えてください。 VuforiaのDeveloper登録 まず開発者アカウントの登録を行います。 右上の「Register」をクリックしてください。 【30分でできる】Unityで簡単にARアプリを作る - キリンを召還するブログ。 UnityでサクッとARアプリ作れるのでせっかくなので書いておきます。

【30分でできる】Unityで簡単にARアプリを作る - キリンを召還するブログ。

ググると他にも同じ内容出てくるのでとってもポピュラーな事なのですが技術書みるとどうしてもUnityはゲームよりになっちゃうので、ARで使いたい人はお試しください。 誤解のないよう、先に書いておくと「Unity=AR」ではないです。 正確にはAR用のライブラリを使ってUnityパッケージを作成して、そのパッケージ使うってだけです。 今回は「vuforia」ってライブラリを使った方法をご紹介。 他にもいくつか有名どころがあるのでそれはまた後日使ってレポートしたいと思います。 では早速つくっていきましょう。 UnityでARアプリを作る. さあ! ARアプリ作ろうぜ! と言ってもARってなん? って事でまずはggってみる。 ARとは AR・・・Augmented Realityの略。 とまあ異常に前置きが長くなってしまったんですが、タイトルにある通り、これUnityで作れちゃいます。 で、それを実現してくれるのがQualcomm(クアルコム)のVuforiaです! Augmented Reality Tutorial Using Unity3D and Vuforia for Text Recognition and Tracking - All. Vuforia Unity Tutorials. Blog: Qualcomm Vuforia SDKでARアプリを動かす [ビルド編] いつもおもちゃで遊んだりしている訳じゃありません。 GClue芳賀です。 スマフォアプリのエンジニアらしく、今回はARとそのエンジンについて書こうと思います。 突然だけどARってなに? スマフォ界隈の人は数年前からちょこちょこ耳に入っていたと思います。 Argument Realityの略称で、日本語では拡張現実というらしいです。 Qualcomm Vuforia 商用フリーで高速認識なARエンジンであるVuforia (旧 Qualcomm AR)を環境設定からサンプルビルド、実行まで解説していきます。 Vuforiaデベロッパー登録 まずはデベロッパーページに行って登録を行います。

Wireless Technology & Innovation.