background preloader

Vuroria

Facebook Twitter

Vuforia資料庫 | Vuforia™トップ. Vuforia Developer Portalのトップページを日本語訳して掲載しています。 内容は、1~2週間毎に更新しています。 ※この和訳は、Vuforia teamによるものではありません。 オリジナルおよび最新のコンテンツについては、developer.vuforia.comをご覧ください。 Vuforia 6がご利用可能になりました! 9, 2016Vuforiaデベロッパーの皆さまにご満足いただける、充実の新機能と更新をお知らせできるときがやってまいりました。 Vuforia 6ローンチのハイライトをいくつかご紹介します。 Vuforia 6の概要 Vuforia 6をもって、世界をリードするARプラットフォームにおける最先端の革新技術を世に送り出すことができることを誇りに思います。 今春、VuforiaがHoloLensにやってくる! いますぐWindows 10用ベータ版SDKへの先行アクセスにご応募ください。 次世代バーコードVuMark™ ARアプリには、機械や工業製品など広範囲のモノにおいて、ユニークな体験をお届けするという使命があります。 Windows 10とVuMarkへの対応については、今春にも公開となります。 前進フルスロットル! Panorama Mapping and Tracking. Panorama created in real-time on the mobile phone. Summary Tracking for outdoor Augmented Reality (AR) applications has very demanding requirements: It must deliver an accurate registration with respect to a given coordinate system, be robust and run in real time.

Despite recent improvements, outdoor tracking still remains a difficult problem. We implemented a system for the online creation and simultaneous tracking of panoramas. Our system uses a natural feature mapping and tracking method, which is sufficiently efficient and robust to allow 3 degrees of freedom tracking on mobile phones. Assuming pure rotational movements, the method creates an panoramic map from the live camera stream, at the same time tracking the generated panorama. Our method runs in real time (30 fps) on modern smartphones.

Publications Videos Real-Time Panoramic Mapping and Tracking on Mobile Phones Indoor Application Outdoor Application. Panorama 360 iPod Touch & iPhone. Introduction PanoramaGL library is the first open source library in the world to see panoramic views on the iPod Touch 1G, 2G, 3G and iPhone EDGE, 3G and 3GS. SVN and source code in Created by Javier Baez - Visit Ecuador Team Important Note: Please add the credits in their projects when using the library. Background The supported features in version 0.1 Beta are: Using the Code To create a simple panoramic image viewer for the iPhone with PanoramaGL library, you must perform the following steps: 1. Open XCode Go to "File -> New Project -> iPhone OS -> Application -> View-based Application" Click on "Choose" button and Save the project as "HelloPanorama" 2.

Download "PanoramaGL" library (Parent project folder) Decompress "PanoramaGL" library (double click on zip file) Go to menu "Project -> Edit Active Target 'HelloPanorama'" Go to "General" Tab Click on "+" button in the "Linked Library Section" Click on "Add Other" button and find "PanoramaGL" project 3. 4. 日本VTR実験室 無料ライブラリ「Vuforia」でARアプリを作る!②【ダウンロード・ビルド篇】-日本VTR実験室-映像会社のスマホアプリ開発部隊. さて、前回見つけたフリーのARライブラリVuforia。 早速iPhoneアプリを開発出来るようにセッティングしていきたいと思います。 今回はフレームワークのダウンロードから、実際にサンプルを動かすまでです。 サンプルを動かしてみると夢が膨らみますので、ぜひ試してみて下さい! こんにちはandyです。 では、まず始めにフレームワークとサンプルプロジェクトをダウンロードするまでを。 まずはダウンロード www.vuforia.comへアクセスします。

と必要なファイルはこんな感じで用意できます。 いよいよビルド 問題は使い方。 このサイトには英語で使い方が書いてあります。 「ImageTargets-2-5-4」フォルダのmediaフォルダの中に「stones」「chips」「tarmac」という名前のpdfファイルがあるのでそのファイルを予めプリントアウトしておきます。 写すpdfによってティーポットの色が変化します。 というのがこのサンプルの使い方。 次回は、そのままでは面白くないのでモデルデータを他のものに変更してみます。 それではまた。 360 degree AR experience. UE4 Integration. AUGMENTED REALITY 3D VUFORIA UNITY TUTORIAL (Part 1) Augmented Reality Tutorial No. 14: Augmented Reality using Unity3D and Vuforia (part 1) How to make an AR app in 5 minutes with Unity and Vuforia | Just a Pixel. 【Unity】Vuforia4.0とユニティちゃんを使ってARアプリケーションを作る - プログラムは、用いる言葉の選択で決まる. 以前の記事【Unity】Vuforiaとユニティちゃんを使ってARアプリケーションを作る - プログラムは、用いる言葉の選択で決まる VuforiaからDeveloper云々のメールがちょくちょく届いているなあと思っていたら、どうもバージョン4.0(正規版)がリリースされたらしいです。 導入のところが若干変更されていたため、改めてVuforia+UnityでのAR開発をまとめておきます。

ただ諸々の理由から、無料でのAR開発をVuforiaでしていくことは推奨されなくなるかもしれません。 今回作成していくアプリケーションは、任意のターゲットマーカーがカメラに写ったら3Dモデルを表示するという、基本的なマーカー型のARアプリケーションとします。 環境 Mac OSX Mavericks Unity v4.6.2 Vuforia v4.0 SDユニティちゃん v1.0 以前の記事でノーマルユニティちゃんは使用したため、今回はSDを使用。 Vuforia 4.0の入手 入手に関しての変更はほとんどありません。 Vuforia Developer Portal 上記VuforiaのSDKダウンロードページにアクセスし、Unity Extensionをダウンロード。 Target Managerの設定と入手 任意のターゲットマーカーを利用するためのTargetManagerを作成します。

以前の流れTargetManager用のデータベースを作成 現在の流れアプリ用のライセンスキーの作成 -> TargetManager用のデータベースを作成 という感じで、アプリ毎のライセンスキーの取得をせねばならなくなったようです。 まずは上記ページに移動し、Add License Keyから新規のライセンスキーを追加します。 次にアプリケーションの情報を入力します。 Application Nameを任意の値に変更します。 入力が完了したらNextをクリックし確認ページに移動します。 入力内容に相違がなければ、Confirmを押してライセンスキーの追加を完了します。 Add Databaseを選択し、新規のTarget Manager用データベースを作成します。 デプロイ まとめ. UnityでUnityちゃんでVuforiaでAndoridでAR出るまでのメモ. Unityちゃんを召還するアレです。 次の記事が非常に丁寧な説明がなされており わかりやすいのでお薦めです! 【Unity】Vuforiaとユニティちゃんを使ってARアプリケーションを作る 本メモは自分用のもの(以前に何度かやったことがある)なので適当です。

ご了承下さい! 簡単にARできちゃう凄く凄いやつなので登録します。 Resouces > SDK > Unity Extention > Download Unity Extension X.X.X ほげGB をDL Unityちゃんのウェブサイト 素敵な規約で高いクオリティのデータです。 DATA DOWNLOAD > ライセンスに同意 > ユニティちゃん データ DL ユニティちゃんライセンス ロゴ DL Vuforiaのサイトに移動。 DBが出来たら選択して、Add Target 名前を付けて、(例 UnityChanARMarker) SIngleImageで、widthがよく分からないので256とかにして、 イメージにUnityちゃんライセンスロゴを読み込んで次へ。 ちょっと待つとマーカが出来る。 DBの場面(先の例だと名前が UnityChan)で、 マーカの画像にチェックを入れて >Download Sselected Target > Unity Editorにチェックして、名前を決めてDL Unityを起動 New Projectで新規プロジェクトを開く。 VuforiaのUnity Packageをインポート。 Qualcom Augmented Realiy > Prefabs > ARcameraをシーンに入れる。 シーンからImageTargetをクリックし、アクティブにして、 インスペクターを表示。 Directional light for Unitychanを設置。

ARカメラをセットする。 で、泥で吐く。 で、自分のGmailかDriveなりに投げて、泥で落として再生。 で、やったぜ。 MMD4Mecanimをお借りすれば、ミクさん達に踊って頂くことも出来て 凄く楽しいやつです! UnityのARライブラリ「Vuforia」でサンプル作成 | voro lab. AndroidでARを試すためUnityのライブラリとして提供されているQualcomm製のライブラリ「Vuforia」を使用してみました。 (iOSにも対応) 今回は、自分の好きなマーカー上にCubeを設置し、動作を確認してみます。 作業としては大きく分けて3つになります。 Asset StoreからVfrofiaをインポート独自マーカーの作成Unityでの作業Unity上で 「Window」->「Asset Store」 を選択し、Asset Storeを表示します。 「vuforia」を検索しインポートします。 Vuforiaの開発者サイト( Trackables」を選択します。 Sceneを保存します。 Asset Storeでパッケージが提供される形になって、他のサイトで説明されているような面倒な作業なしに簡単に実装できるようになったので、楽ですね。 ARがかなり身近に感じられました。 無料ライブラリ「Vuforia」でARアプリを作る!④【Unityで開発篇】 | 日本VTR実験室. Vuforiaを使ったARアプリ開発。 Xcodeで地道に作業するのもいいですが、もっと楽な方法があるんです。 それはゲーム開発環境「Unity」を使うこと。 今回はUnityの導入方法からサンプルモデリングデータの読み込み、さらにはアプリの書き出しまで行います。

ちょっと長いですが…むずかしくはないのでご安心を! こんにちはandyです。 ここまで3回ほどARネタを書いてますが、少しはお役に立ちましたでしょうか。 これまでの3回はxcodeで作業してましたが、今回はUnityという3Dゲーム開発環境を使ってARのサンプルコンテンツを動かしてみたいと思います。 以前は書き出しライセンスを購入しないとスマートフォン用の書き出しができなかったのでARのサンプルコンテンツを動かすには書き出しライセンスの購入が必要でしたが、最新のバージョンでは書き出しライセンスが初めから有効になっていて書き出しができるようになりました。 Unityをダウンロード まず、Unityをダウンロードしないことには始まらないのでそこから始めます。 Unity公式サイト – まず、Change Languageで日本語に表示を切り替えましょう。

日本語表示に切り替えたら「Download」メニューをクリックします。 ※私の場合は既にUnityがインストールされてしまっているので起動したときにまだいくつか画面が出るかもしれません。 サンプルのダウンロードと読み込み 次に、またVuforiaのサイトからサンプルをとってきます。 サンプルのダウンロードサイトが表示された状態から説明します。 ここまでがプロジェクトの設定です。 アプリの書き出し iOSデバイス(カメラが搭載されているもの)をMacに接続しておきます。 少し時間がかかりますが、Unity内でxcode用のプロジェクトが作られ、その後にxcodeが自動的に起動し、プロジェクトを自動的にiOSデバイスへ書き出します。 以上がUnityを使ったARのサンプルになります。 次回は、アニメーションが設定された3Dオブジェクトを今回作ったサンプルプロジェクトで使ってみたいと思います。 Unity+ARで何ができるのか(1):Unityでも使える無料ARライブラリVuforiaの基礎知識とライセンス登録、インストール、簡単な使い方 (2/3) VuforiaをUnityで動かす準備 前置きが長くなりましたが、これから実際にUnityとVuforiaを用いてARのコンテンツを制作していきます。 なお、ここからの説明は、2015年7月13日の原稿執筆時現在のものです。 バージョンが上がっている際には適宜読み替えてください。 VuforiaのDeveloper登録 まず開発者アカウントの登録を行います。 右上の「Register」をクリックしてください。 Vuforia SDKをダウンロード アカウントを登録した状態で、上のメニューにある「Downloads」を選択します。 図3 AndroidとiOSとUnityのSDKが表示されていると思いますが、今回はUnityで実行するので、「Download Unity Extension」をダウンロードしてください。 Licence Keyを登録する 次に、License Keyを登録します。 VuforiaのDeveloper Portalの上のメニューにある「Develop」を選択してください。 図4 「License Manager」と「Target Manager」という項目があるので、まずは「License Manager」でLicense Keyの登録を行っていきます。

図5 制作する「Application Name」と対応端末、無料版か有料版の選択があると思いますが、今回は携帯端末向けに無料版を使います。 図6 作成したLicense Keyの「Name」を選択すると、その詳細を確認できます。 図7 このLicense Keyは後でUnity側の設定で使用するので、覚えておいてください。 Databaseを制作、Targetを登録 Target ManagerはARマーカーの画像を登録する場所で、ここで自分が使用したいマーカー(Target)のデータを編集します。 図8 「Add Database」から今回使うDatabaseを作成します。 図9 Databaseを制作したら、制作したDatabaseを選択してください。 図10 この中で登録されたマーカーは全て一つのDatabaseとして管理され、Database単位で取り込むことになります。 ではTargetも登録していきましょう。 図11 ここではTargetの「Type」「File」「Width」「Name」と選択していきます。 【30分でできる】Unityで簡単にARアプリを作る - キリンを召還するブログ。 UnityでサクッとARアプリ作れるのでせっかくなので書いておきます。 ググると他にも同じ内容出てくるのでとってもポピュラーな事なのですが技術書みるとどうしてもUnityはゲームよりになっちゃうので、ARで使いたい人はお試しください。

誤解のないよう、先に書いておくと「Unity=AR」ではないです。 正確にはAR用のライブラリを使ってUnityパッケージを作成して、そのパッケージ使うってだけです。 今回は「vuforia」ってライブラリを使った方法をご紹介。 他にもいくつか有名どころがあるのでそれはまた後日使ってレポートしたいと思います。 では早速つくっていきましょう。 1.vuforiaでアカウントを作る 何はともあれvuforiaのDeveloperサイトにいってアカウントをつくりましょう。 右上の「Register」ボタンから必要項目を入力すれば作れます。 2・Dattabaseの作成とマーカーのアップロード アカウントが出来たらログインをして上部メニューから「TargetManager」にはいってください。 ここではお試しなので「KawaSample」というDBをつくります。 DBを作成したら次はターゲット(マーカ)を登録します。 TargetName … ターゲットの名前 Target Type … ターゲットとなるオブジェクトの形状 Target Dimension …大きさ? Target ImageFile …登録する画像 登録後、反映までに2〜3分かかります。 3・ターゲットのダウンロード ダウンロードしたいターゲットを選択状態にして上部にある「Downlard Targets」を選択します。 4・vuforia SDKのダウンロード これでマーカは出来ましたがARを行うのにvuforiaのSDKが必要になります。 5・Unity起動 ここでいよいよUnityの起動です。 6・パッケージインポート 先ほどvuforiaで作成した2つのパッケージをインポートします。 [Assets]➡[Import Package]➡[custom package]から先にダウンロードした2つのパッケージ(「KawaSample.unitypackage」と「vuforia-unity-android-ios-2-8-7.unitypackage」)をそれぞれインポートしてください。

8・ARCameraの設定. UnityでARアプリを作る | ハコソフト. さあ! ARアプリ作ろうぜ! と言ってもARってなん? って事でまずはggってみる。 ARとは AR・・・Augmented Realityの略。 拡張現実。 とまあ異常に前置きが長くなってしまったんですが、タイトルにある通り、これUnityで作れちゃいます。 で、それを実現してくれるのがQualcomm(クアルコム)のVuforiaです! Vuforia このサービス、モバイル向けのARアプリ開発用ライブラリです。 ではココからは利用方法。 登録 いきなりSDKダウンロードだぜ! こんな感じの登録フォームが出てくるのでちゃちゃっと済ませちゃいましょう。 SDKのダウンロード ここに飛ぶと早速ダウンロードが出来ます。 ライセンスに同意するか聞かれるので素直に同意します。 Firefoxなら大丈夫だったので別のブラウザでダウンロードしましょう。 Unityにインポート ようやくココでUnityを立ち上げます。 インポートするとこんな感じ。 じゃあ後はココを見てくれ! ・・・・ってのは投げっぱなしすぎるので引き続きARアプリの制作をしていきましょう。 ARアプリの制作 先ほどのココを元にして制作していきましょう。 ARカメラの設置 すでにHierarchyにあるMain CameraではAR出来ないのでまずは捨てちゃいます。 この段階ですでにPlayするとカメラが起動するようになります。 マーカーの設定 引き続きImageTargetをHierarchyにD&Dします。 Hierarchyに置いたImageTargetオブジェクトを選択してInspectorを開きます。 するとTarget Managerのページに飛びます。 これによると 1.新しいデータベースを作る 2.画像を上げる 3.ターゲットデータセットをダウンロード 4.アプリに統合する ということらしい。

データベース名をクリックしてAdd Targetするとターゲット登録画面になる。 基本的には平面をマーカーにすることが多いと思うのでSingle ImageでOK。 星の数が多いほど認識しやすいということです。 Unitypackageがダウンロードされます。 Data SetやらImage Targetやら追加されております。 表示したいオブジェクトの追加 続いてImage Targetの子として表示したいオブジェクトを追加します。 仕上げ これで完成です! Augmented Reality Tutorial Using Unity3D and Vuforia for Text Recognition and Tracking - All.

Vuforia Unity Tutorials. Blog: Qualcomm Vuforia SDKでARアプリを動かす [ビルド編] いつもおもちゃで遊んだりしている訳じゃありません。 GClue芳賀です。 スマフォアプリのエンジニアらしく、今回はARとそのエンジンについて書こうと思います。 突然だけどARってなに? スマフォ界隈の人は数年前からちょこちょこ耳に入っていたと思います。 Argument Realityの略称で、日本語では拡張現実というらしいです。 Qualcomm Vuforia 商用フリーで高速認識なARエンジンであるVuforia (旧 Qualcomm AR)を環境設定からサンプルビルド、実行まで解説していきます。 Vuforiaデベロッパー登録 まずはデベロッパーページに行って登録を行います。 右上のRegisterから登録を行います SDKのダウンロードリンクを押して、利用規約に同意をしたらSDKのダウンロードが始まります。 SDKの環境設定 ダウンロードしたzipを解凍して、vuforiaの環境設定を行います。 後で参照するので使いやすい場所に置いてください。 サンプルのダウンロード Vuforiaのサンプルは別途ダウンロードが必要です。 SDKと同様に利用規約に同意したらダウンロードが始まります。 サンプルの環境設定 Eclipseでサンプルコードをインポートします。

インポートをするとプロジェクト名の上に赤いびっくりマークがついていてビルドできません。 エラーのところを見ると、なにやら出ています。 <QCAR_SDK_ROOT>のクラスパスが無くて、QCAR.jarと読み込めない! Eclipse->環境設定(Preferences)から Java->Build Path->Classpath Variablesを開きまして VuforiaのSDKを解凍した場所を指定 QCAR_SDK_ROOTの名前は間違えないように 追加されたらOKで終了 終了する前に「変更しちゃったからビルドしていい?」 と言われるので、Yesと言っておく びっくりマークが消えてエラーがなくなったと思います。 とりあえず実行! エラーも消えたので実行してみましょう。 起動しました。 ダメでした。 Android NDKの環境設定 いざビルド. Wireless Technology & Innovation | Mobile Technology | Qualcomm.