background preloader

Unity

Facebook Twitter

FREEBIES! Clouds, Smoke, Fire and Explosions! - Filmmaking - HitFilm Community. Hi Everyone,

FREEBIES! Clouds, Smoke, Fire and Explosions! - Filmmaking - HitFilm Community

UnityのRigidbodyとColliderで衝突判定. More than 1 year has passed since last update.

UnityのRigidbodyとColliderで衝突判定

勉強会の記事がブログにあります。 重力、加速度を使った処理衝突した物体を動かす、衝突された物体の動きに作用する衝突発生時に任意の処理を実行する Sampleシーンを開く。 下記のオブジェクトにAdd ComponentをクリックしてPhysics > Rigidbodyを設定。 設定項目の意味 地面が落ちてしまう場合 Rigidbodyは物理演算で動作させるオブジェクトに設定する。 地面をすり抜けてしまう場合 アセットや変換したモデルがすり抜けてしまう場合はオブジェクトにColliderが設定されていないのが原因。 落下する物体 物体の形に応じたCollider重力が設定されたRigidbody受け止める地面 地面の形に応じたCollider すり抜けて落下していく物体にはPhysics > BoxColliderなどのコンポーネントを設定する。 コライダーはシーンでオブジェクトをクリックするとワイヤフレームで表示される。 球体にあえて四角形の判定をつけたりすることも出来る。 レンダラーを無効にすれば表示されないが、判定はあるということも可能。 Rigidbodyが設定されたオブジェクトにはスクリプトから力(Force)と回転(Torque)を加えることができる。 力を加える時にはForceMode指定することでさらに挙動が変わる。 ControlScript.js #pragma strict function Update () { var speed = 100; if (Input.GetKeyDown(KeyCode.LeftArrow)) { rigidbody.AddForce(Vector3.left * speed, ForceMode.Force); } if (Input.GetKeyDown(KeyCode.RightArrow)) { rigidbody.AddForce(Vector3.right * speed, ForceMode.Force); } } Forcemode.Forceの場合は力を加えて揺らすようなイメージ。

UnityのRigidbodyについての初心者勉強会を行いました - Engine Yard Blog. ゲーム開発者だけでなく、Webやモバイルに関わる人の共通のトピックになってきているUnity。

UnityのRigidbodyについての初心者勉強会を行いました - Engine Yard Blog

今回はその中でも物理演算を扱うRigidbodyについてのカジュアルな勉強会を開催しました。 Unityの操作を理解した初心者向け Unityをとりあえずはじめてみたい人にはおなじみのドットインストールのUnity入門がおすすめです。 なんらかの講座をご覧になった事がある方にはお馴染みのフォーマットとテンポで基本操作とゲーム作成を学習できます。 Unity入門 (全26回) - プログラミングならドットインストール. Unity Light Burst FX. Unityの物理演算を理解する(Rigidbody 2D、Collider、Physics Material 2D) - うさがにっき. 概要 Unityの物理演算を理解する Rigidbody 2D…物理演算を扱うオブジェクト Collider…当たり判定を扱うオブジェクト Physics Material 2D…摩擦と跳ね返りを管理するオブジェクト 詳細 Unityの物理演算、当たり判定、跳ね返りを扱う 物理演算 Rigidbody 2D ゲームオブジェクトを選択した状態でAdd Componentを押下、Rigidbody 2Dを追加する Rigidbody 2Dのメニュー.

Unityの物理演算を理解する(Rigidbody 2D、Collider、Physics Material 2D) - うさがにっき

Unity Shuriken Particle System: Create a Toon Explosion FX (with video clips) Playing with Fire in Unity 3d. Mastering Collision - Unity Tutorial. その1 Unityのパーティクル「Shuriken」 ホーム < ゲームつくろー!

その1 Unityのパーティクル「Shuriken」

< Unity/パーティクル編 パーティクル編その1 Unityのパーティクル「Shuriken」 パーティクル(粒子)は小さな点を沢山発生させて動かす仕組みです。 その点の位置に板ポリゴンやモデルを置く事で、煙や炎や魔法効果などを演出する事ができます。 Unityには「Shuriken Particle」というパーティクルエンジンが最初から搭載されています。 そこでこの章では、Shurikenパーティクルの「機能」についていっきにざざっと見て行き、後の章で使い方を色々研究してみましょう(…と自分に言い聞かせてみました(^-^;)。 ① とりあえず世界に置いてみよう Unityを起動して新規のプロジェクトを立ち上げます。 右下にある「Particle Effect」という小さなウィンドウ、これはシーンにあるパーティクルを動かしたり止めたりスローにしたりする事ができ、結構使います。 さて、このパーティクルのInspectorを見てみます: どひゃーっと項目があります。

② Shurikenの基本パラメータ Shurikenの各パラメータについて、簡単にざざっと説明します。 ○ Duration(継続時間) パーティクルを発生させる元を「エミッタ(Emitter)」と言います。 あくまでもエミッタの継続時間なので、パーティクルの寿命ではありません。 ○ Looping(ループ) Duration(継続時間)で設定した時間が来た時にパーティクル発生を終了させるか、継続してずっと発生させるかを決めます: LoopingをOnにした時はずっと出るのですが、これはDuration時間を1周としてくるくるループしています。 ○ Prewarm(事前実行) prewarmは「~を予め温める」という意味ですが、Shrikenでは予めパーティクルを飛ばしておく事を意味します: PrewarmはLoopingがOnの時だけ効果があります。 ○ Start Delay(発生遅延) エミッタが世界に置かれてからパーティクルが発生し始めるまでの遅延時間を設定します: これはPrewarmがOffの時にだけ効果があります。 ○ Start Lifetime(寿命) パーティクルが発生してから消滅するまでの寿命を秒で設定します: ところで、このStart Lifetimeの設定項目の右端に小さな三角がありますね: ぐはー! Unity パーティクルシステム超入門. Unityのパーティクルシステム(Shuriken)の初心者講座のメモ。

Unity パーティクルシステム超入門

もともとは Shuriken て名前だったらしい。 パーティクルを追加する パーティクルシステムを追加する GameObject > Create Other > Particle System または、ヒエラルキーパネルの Create > Partice Sysyte. Unity4のパーティクルシステム(Particle)を1日で自在に操るコツ!【前編】 - Unity不定期便. Unityに搭載されている「パーティクルシステム(Particle)」は、煙や炎、竜巻や水流に爆発などなど…。

Unity4のパーティクルシステム(Particle)を1日で自在に操るコツ!【前編】 - Unity不定期便

ゲームに必要なちょっとした演出を手軽に作れます。 高度なシステムのため、複雑だなぁ〜と思う人もいるかと思うので、簡単に扱えるようになる「コツ」みたいなものをメモ代わりにまとめておきます。 まずは、パーティクルシステムを起動する! とりあえず、説明のためにパーティクルシステムを起動してみます。 やり方はいろいろありますが、今回は「空のゲームオブジェクト」にパーティクルシステムを貼り付けたいと思います。 Unity - パーティクルシステム. パーティクルは 3D空間に描かれた2Dの画像です。

Unity - パーティクルシステム

煙や炎、水飛沫や葉っぱの効果に用いられます。 パーティクルシステムは3つのコンポーネントからなります。 パーティクルエミッタ(Particle Emitter)、パーティクルアニメータ(Particle Animator)、パーティクルレンダラ(Particle Renderer)です。 パーティクルエミッタとレンダラを一緒に使う事で、静止したパーティクルを表現できます。 パーティクルアニメータはパーティクルを様々な方向に動かし、色を変化させます。 ここの、パーティクルスクリプトリファレンスを参照してください。 以下は、パーティクルコンポーネントリファレンスページの内容と同じです。 パーティクルシステム(Particle Systems) Unityのパーティクルシステムは、煙の雲、湯気、火や大気の効果を作るのに用いられます。 基本Assetに含まれるパーティクルシステム Unityの基本的なパーティクルシステムは、パーティクルエミッタ(Particle Emitter)、パーティクルアニメータ(Particle Animator)、パーティクルレンダラ(Particle Renderer)を持った、オブジェクトです。. パーティクルをワールドに作用させたい場合、パーティクルコライダ(Particle Collider) コンポーネントをゲームオブジェクトに追加します。 円形パーティクルエミッタは球体の中に、パーティクルを生成します。 円形パーティクルエミッタインスペクタ 属性 詳細 円形パーティクルエミッタ(EPEs)は基本的なエミッタで、パーティクルシステム(Particle System)をからシーンに追加する事を選択した時に含まれています。

パーティクルエミッタはパーティクルアニメータ(Particle Animators)とパーティクルレンダラ(Particle Renderers)と共同で、パーティクルシステムを作り、操作し、表示します。 Spawning Properties Spawning PropertiesはSize, Energy, Emission, とVelocityで、パーティクルシステムが様々な効果を生み出すための、個性のようなものです。 Velocityはパーティクルの動きを制御します。 One Shot 有効: Unity入門 (全26回) ドットインストール - 3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイト ログイン 学習状況の管理には 無料ユーザー登録 が必要です。

Unity入門 (全26回)

Unity入門 (全26回) マルチプラットフォームのゲームエンジンであるUnityについて、その基本的な使い方を学んでいきます。 全26回レッスンの詳細と、完了状況は以下のとおりです。