background preloader

Página web de AIIC (Asociación Internacional de Intérpretes de Conferencias)

Página web de AIIC (Asociación Internacional de Intérpretes de Conferencias)
Related:  Interpretación I

El intérprete es "la voz de la señora" Il y a quelques années, j’accompagnais en Haïti une délégation de parlementaires européens conduits par une députée allemande. Les discussions compliquées par la situation critique du pays se tenaient, en consécutive doublée de chuchotage, dans des lieux peu propices à des réunions mais l’équipe très réduite d’interprètes, à la fois accablée et motivée par ce qu’elle voyait et entendait ne faiblissait pas à la tâche. Un soir, lors d’une conférence de presse, un journaliste d’une radio privée demande à la présidente de la délégation combien de nationalités sont représentées parmi les parlementaires européens. Je traduis la réponse- une énumération- dont la chute est : "et puis, il y a moi qui suis allemande" Ce féminin déclenche immédiatement le fou rire du journaliste qui se tournant vers moi me demande, goguenard, si je suis "allemande". Je réponds du tac au tac que "non, je suis la voix de Madame". Etre la voix de quelqu’un d’autre requiert une certaine maturation.

Welsh Dictionary (Welsh-English) Fédération des Jeunesses Musicales Wallonie-Bruxelles – Quand la musique fait la différence 東京外国語大学 国際コミュニケーション・通訳専修コース コース紹介 本学通訳コースの特徴 国際コミュニケーション・通訳専修コースが属する言語応用専攻は、本学大学院総合国際学研究科博士前期課程の4つの専攻のうちのひとつです。言語応用専攻の人材養成目的は、大学院学則において、「自らの専門性を磨いて研究能力を高めるとともに、その専門性を十分にいかすことのできる実践的な知識とスキルを有する高度職業人の養成をめざす」と定められています。 本コースでは、専門分野に関する知識、研究能力、実践的な知識とスキルという3つの力の養成を目的にしています。 このコースは、即戦力となる通訳者に必要な力は、「通訳実践能力」・「理論研究能力」・「社会科学分野の教養」の3つと考え、2年間の体系的なカリキュラムで、その力を強化するよう、努めております。 第一の「通訳実践能力」は、本コースの根幹をなす演習形式の授業により養成しています。 まず、修士1年次の必修科目「英語逐次通訳演習」では、逐次通訳の訓練を行います。 それが出来るようになりましたら、次に、2年次には「英語同時通訳演習」により同時通訳の技能を磨きます。 通訳演習で修得した技術を、「同時通訳の世界」および「通訳実務」の授業で実習します。 第二の「理論研究能力」は、「通訳理論」、「専門特殊研究」という授業と、修士修了研究を通じて、身につけさせます。 第三の「社会科学諸分野の教養」は、国際舞台で通訳を行うために不可欠な要素です。 鶴田知佳子 よくある質問 特化コースについて授業・指導について卒業後の進路について生活についてその他

Otras modalidades de interpretación: el chat de la Comisión Europea This section will explain the sequence of events concerning both the preparation and the conduct of a Chat. There are 3 distinct phases, each involving specific actions: Before the Chat 1. the date of the Chat the subject of the Chat the main language of the Chat the people that will be involved The existing Plan/Checklist needs to be adapted to the requirements of each Chat. 2. drafting the announcement (DG) translating the announcement into the other official languages (DG) publishing the announcement on the web streaming portal setting up a mailbox for questions sent by email prior to the Chat (DG)The model of the Mailbox to be used is "chat-<commissioner_name>@ec.europa.eu" 3. The Chat is promoted via several means: online promotion via the online press & media, the representations, the delegations and on the (ec.)europa.eu website. 4. (979 kB) . During the Chat 1. 2. A Mailbox is set up by the DG before every Chat so that people can send their questions in advance. After the Chat

portail hallucinant de ressources pour traducteur La Maison du Livre グローバルコミュニケーションコース | コース案内 | 東京外国語大学 コースの魅力 グローバルコミュニケーションコースでは、広く言語とコミュニケーションの応用について学び、将来高度職業人を目指せる国際教養人を育成します。すなわち言語教育、通訳・翻訳、多言語・多文化社会に関する理論と技能を学び、外国語と母語双方の高度な運用能力を基礎に、学際的・専門的知識に裏打ちされた実践的技能ならびにコミュニケーション能力とコーディネーション能力を養います。このコースでは、グローバル人材になるための数多くの選択肢が用意されています。教育現場で次世代の人材を育てる。共に暮らす異文化の人たちの架け橋となる。 カリキュラム 言語教育学では、言語の応用研究として英語教育学、日本語教育学を学びます。 導入科目 国境を越えた人・モノ・情報の移動が盛んになっている現代において、異なる言語や文化を持つ人間同士のコミュニケーションはますます重要になっているなか、言語教育学、通訳・翻訳、文化のコーディネートについて学びます。 概論科目 導入科目までに学んだ知識を踏まえ、言語教育学系では、英語教育学に関する基礎的な知識を養い、自らの言語学習あるいは言語指導に活かす「英語教育学概論」、日本語教育・学習またその研究に関わる基本的な知識と問題意識を養う「日本語教育学概論」、および「言語教育学概論」が履修可能です。 選択科目と演習・卒業論文演習 3年次以降に履修する選択科目は、概論科目と同様、言語教育学系と言語文化コミュニケーション系の科目群から成り立っています。 ゼミ案内はこちら 卒業論文 言語教育学は、大きく英語教育学と日本語教育学に分けられます。 卒業後の進路 国内外の言語教育の現場にかかわる人材、すなわち教育機関の教員、研究者、語学関係の出版社(辞書編纂・教科書作成・テスト開発等)やメディア開発(テレビやラジオの教育番組の制作・デジタル教材開発等)、通訳・翻訳業務、とりわけ金融や情報技術(IT)といった通訳・翻訳業務を必要としている会社の特定職、多言語・多文化の相談窓口となるコミュニティ通訳(司法・医療・教育・行政等)や国際交流の現場業務を始め、広く一般企業の国際業務部門、コーディネーション能力を活かした人材開発部門、国家・地方公務員、NGO・NPO、マスコミ(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・広告等)、サービス・運輸・観光業(ホテル・航空会社・旅行代理店等)、文化・国際交流事業などが考えられます。

Consejos de la UE para trabajar con intérpretes La Dirección General de Interpretación proporciona intérpretes para más de 10 000 reuniones al año. El trabajo del intérprete es hacer posible la comunicación entre interlocutores que no hablan el mismo idioma. Nuestra experiencia nos ha demostrado que en una reunión multilingüe también entran en primera línea de juego las aptitudes de comunicación de los participantes, y tanto más cuanto aumentan el número de idiomas utilizados y la complejidad para organizar la interpretación. Cuando participe en una reunión multilingüe o la presida, piense en la forma en que su mensaje va a llegar al auditorio a través de la interpretación. Estas sugerencias se refieren concretamente a las condiciones de trabajo preconizadas en la Comisión Europea, pero sirven de manera general para cualquier reunión con interpretación. Seguir leyendo...Piense en la interpretación a la hora de preparar su reunión. Ha decidido usted celebrar una reunión con interpretación. Seguir leyendo...Consejos para los oradores

Médiations Asbl Bruxelles Master professionnel : Traduction éditoriale, économique et technique Admission Peuvent se présenter tous les étudiants titulaires d'une licence ou de tout autre diplôme équivalent, français ou étranger, quelle qu'en soit la spécialité. L'examen d'entrée n'est pas un concours, le nombre de candidats admis n'est pas limité. Il se compose d'épreuves d'admissibilité et d'admission. Un candidat ne peut se présenter que trois fois aux examens d'entrée. Les examens d'entrée se déroulent à Paris, dans les locaux de l'ESIT, aux dates indiquées sur la page Candidats.Épreuves d'admissibilité :Il s'agit de tests écrits, en français quelle que soit la langue maternelle du candidat, qui visent à vérifier les capacités d'analyse et de synthèse ainsi que le raisonnement logique.Épreuves d'admission : Ces épreuves ont pour but de vérifier la maîtrise des langues de travail et de la langue maternelle. Nota : la capacité d'adaptation est une des qualités recherchées chez les candidats traducteurs. Inscription

Related: