background preloader

Genki – Home

Genki – Home
Go to Genki-Online [3rd Edition] Check out this new collection of video skits presenting sentence patterns studied in GENKI! The skits cover one pattern each and last just a minute or two, making them a handy tool for introducing, practicing, and reviewing key patterns. What’s more, the humor-filled skits make GENKI even more fun to use, while aiding understanding of the material. -> Special site GENKI is a highly acclaimed series of integrated resources for learning elementary Japanese through a well-balanced approach to all four language skill areas—speaking, listening, reading, and writing. Used in many Japanese language courses around the world. More 【App】GENKI Vocab Cards GENKI Vocab Cards is a digital vocabulary card app that enables users to learn approximately 1,200 words essential for beginners along with the native pronunciations at their own pace. 【App】GENKI Kanji Cards 【App】GENKI Conjugation Cards Bookstores in Japan GENKI materials can be purchased through any bookstore in Japan.

地球人ネットワークを創るアルク:スペースアルク 絵本の世界 Numbers In Japanese it is very easy to construct numers from single digits. The procedure is very straight forward. Unfortunately, it gets more complicated when counting objects, because certain qualifiers must be used. Let's start with digits, the easy part. To build larger numbers, the following building blocks may also be needed: Building numbers The above tables contain the essential building blocks. The above examples show that the Japanese number building makes perfect mathematical sense.

あのときの王子くん LE PETIT PRINCE アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ  Antoine de Saint-Exupery 大久保ゆう訳 レオン・ウェルトに 子どものみなさん、ゆるしてください。ぼくはこの本をひとりのおとなのひとにささげます。でもちゃんとしたわけがあるのです。そのおとなのひとは、ぼくのせかいでいちばんの友だちなんです。それにそのひとはなんでもわかるひとで、子どもの本もわかります。しかも、そのひとはいまフランスにいて、さむいなか、おなかをへらしてくるしんでいます。 ぼくが6つのとき、よんだ本にすばらしい絵があった。 「ボアというヘビは、えものをかまずにまるのみします。 ぼくはこのけっさくをおとなのひとに見せて、こわいでしょ、ときいてまわった。 おとなのひとは、ボアの絵なんてなかが見えても見えなくてもどうでもいい、とにかく、ちりやれきし、さんすうやこくごのべんきょうをしなさいと、ぼくにいいつけた。 それまで、ぼくはずっとひとりぼっちだった。 それはともかく、いきなりひとが出てきて、ぼくは目をまるくした。 それで、その子は絵をじっとみつめた。 ぼうやは、しょうがないなあというふうにわらった。 だけど、まえのとおなじで、だめだといわれた。 ぼくはいってやった。 その子がどこから来たのか、なかなかわからなかった。 みんなわかってくれるとおもうけど、その子がちょっとにおわせた〈べつの星〉のことが、ぼくはすごく気になった。 こうして、だいじなことがもうひとつわかった。 といっても、大げさにいうほどのことでもない。 ちゃんとしたわけがあって、王子くんおすまいの星は、しょうわくせいB612だと、ぼくはおもう。 それで、せかい星はかせかいぎ、というところで、見つけたことをきちんとはっぴょうしたんだけど、みにつけているふくのせいで、しんじてもらえなかった。 こうやって、しょうわくせいB612のことをいちいちいったり、ばんごうのはなしをしたりするのは、おとなのためなんだ。 日に日にだんだんわかってきた。 「ゾウの上に、またゾウをのせなきゃ……」 といいつつも、いうことはしっかりいいかえしてきた。 またある日には、ひとつ、ぼくんとこの子どもたちがずっとわすれないような、りっぱな絵をかいてみないかと、ぼくにもちかけてきた。 ねえ、王子くん。 5日め、またヒツジのおかげで、この王子くんにまつわるなぞが、ひとつあきらかになった。 ほどなくして、その花のことがどんどんわかっていった。 「そうね。」 「ツメをたてたトラが来たって、へいき。」

Tangorin Japanese Dictionary

Related: