Resale Price Maintenance

Facebook Twitter

‎warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/286894/www.jftc.go.jp/info/nenpou/h04/99110000.html. ‎libdspace.biwako.shiga-u.ac.jp/dspace/bitstream/10441/255/4/KEIZAI%20KENKYU%20NENPO_013_059-082A%20son.pdf. ‎www.umds.ac.jp/kiyou/r/21-2/r21-2obata.pdf. 再販売価格維持契約の届出に関する規則. 再販制度(再販売価格維持制度)とは. 再販制度(再販売価格維持制度)とは、いわゆる「定価販売」を義務付ける法律の事です。

再販制度(再販売価格維持制度)とは

書籍・雑誌・新聞・音楽CD・音楽テープ・レコードの6品目の商品は、著作権保護の観点から再販価格制度に指定されており、定価販売が義務付けられています。 出版社側(メーカー)がそれぞれの出版物の小売価格(定価)を指定して、書店などの販売業者が指定価格通りに販売することを義務付ける制度です。 再販制度には期限が設けられています。 再販売価格維持. 再販売価格維持(さいはんばいかかくいじ、英語: resale price maintenance)とは、ある商品の生産者または供給者が卸・小売業者に対し商品の販売価格を指示し、それを遵守させる行為である。

再販売価格維持

再販売価格維持行為(再販行為)、再販売価格の拘束とも呼ぶ。 要はメーカーが小売業者に対し商品の小売価格の値段変更を許さずに定価で販売させることをいう。 再販売価格維持は、流通段階での自由で公正な競争を阻害し、需要と供給の原則に基づく正常な価格形成を妨げて消費者利益を損なうため、資本主義経済を取る国の多くでは、独占禁止法上原則違法とされている。 但し例外的に一部商品については一定の要件の元に再販行為を容認している場合があり、それを再販制度と通称する。 Resale price maintenance. Resale price maintenance (RPM) is the practice whereby a manufacturer and its distributors agree that the distributors will sell the manufacturer's product at certain prices (resale price maintenance), at or above a price floor (minimum resale price maintenance) or at or below a price ceiling (maximum resale price maintenance).

Resale price maintenance

If a reseller refuses to maintain prices, either openly or covertly (see grey market), the manufacturer may stop doing business with it.[1] Resale price maintenance prevents resellers from competing too fiercely on price, especially with regard to fungible goods. Otherwise, resellers worry it could drive down profits for themselves as well as for the manufacturer.