Resale Price Maintenance

Facebook Twitter

‎warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/286894/www.jftc.go.jp/info/nenpou/h04/99110000.html. ‎libdspace.biwako.shiga-u.ac.jp/dspace/bitstream/10441/255/4/KEIZAI%20KENKYU%20NENPO_013_059-082A%20son.pdf. ‎www.umds.ac.jp/kiyou/r/21-2/r21-2obata.pdf. 再販売価格維持契約の届出に関する規則. 再販制度(再販売価格維持制度)とは. 再販制度(再販売価格維持制度)とは、いわゆる「定価販売」を義務付ける法律の事です。

再販制度(再販売価格維持制度)とは

書籍・雑誌・新聞・音楽CD・音楽テープ・レコードの6品目の商品は、著作権保護の観点から再販価格制度に指定されており、定価販売が義務付けられています。 出版社側(メーカー)がそれぞれの出版物の小売価格(定価)を指定して、書店などの販売業者が指定価格通りに販売することを義務付ける制度です。 再販制度には期限が設けられています。 古本や中古CDなどが安売りされているのは、価格保持期限が過ぎた商品だからです。 またDVDは、姿・形は音楽CDそっくりでも、実は再販制度商品ではありません。 書籍出版物は、1953年に独占禁止法の一部改正とともに再販制度が導入され、再販制度対象商品として位置付けられました。 決して安売りされない訳ですから消費者側から見れば迷惑千万な法律ですから、ぜひ廃止してもらいたい法律です。 ところが、普通では定価で買うしかない書籍やCDなども、割引価格で購入できる裏技的方法も存在します。 最も一般的なところでは、ポイントの付く大型量販店で購入する事です。 もう一歩高度なやり方として、デパートの積立金制度を利用する方法があります(参考サイト;WEB金融新聞~再販価格制度を破る裏技)。 また最近では、再販制度の盲点を突いた「逆輸入CD」なども販売され出すようになりました。 再販売価格維持. 再販売価格維持(さいはんばいかかくいじ、英語: resale price maintenance)とは、ある商品の生産者または供給者が卸・小売業者に対し商品の販売価格を指示し、それを遵守させる行為である。

再販売価格維持

再販売価格維持行為(再販行為)、再販売価格の拘束とも呼ぶ。 要はメーカーが小売業者に対し商品の小売価格の値段変更を許さずに定価で販売させることをいう。 再販売価格維持は、流通段階での自由で公正な競争を阻害し、需要と供給の原則に基づく正常な価格形成を妨げて消費者利益を損なうため、資本主義経済を取る国の多くでは、独占禁止法上原則違法とされている。 但し例外的に一部商品については一定の要件の元に再販行為を容認している場合があり、それを再販制度と通称する。 効果[編集] 「需要と供給#価格統制」も参照 社会全体への影響[編集] 再販行為の実施により定価販売が行われると、需要に見合った価格が形成されないために販売数量は減少し市場は縮小する。 なお、再販行為の実施はブランド内競争を減少させる一方でブランド間競争を激化させるという効果をもたらしうる。 また、価格競争が行われないために非効率的な取引慣行が温存されやすく流通機構の合理化は進みにくい。 ホテリングのモデルによれば、製品差別化は行われない。 生産者・小売業者への影響[編集] メーカーは、再販行為の実施によって販売された分の商品について超過利潤を得ることができる。

以上より、再販行為の実施はその価格戦略が効果的であれば販売数量の下落を単価の上昇が埋め合わせることにより生産者余剰を増加させる可能性がある。 消費者への影響[編集] 消費者は、再販行為の実施によって本来より高い価格で商品を購入することを余儀なくされる。 実施主体[編集] 小売業者にとって顧客を誘引するために価格は重要であるから有力な小売業者は再販行為によって価格決定権を奪われることを好まず、可能な限り代替商品に変更することでこれを避けようとする。 そこで再販行為を行えるメーカーは、以下に限られる。 商品差別化に成功した有力メーカー大規模メーカー非競争的な市場のメーカー 類型[編集] 再販制度はこの通称からくる語感に反して、再販行為を義務付けているわけではない(任意再販)。 時限再販 一定の期間が経過した商品について再販契約の対象からはずす。 部分再販 一部の商品を再販契約の対象からはずす。 値幅再販 日本[編集] Resale price maintenance.