background preloader

Nationalisme

Facebook Twitter

Internment of Japanese Americans

慰安婦. 慰安婦(いあんふ、Comfort Women、Military Prostitutes)とは、「かつて主に戦地で将兵の性の相手をさせられた女性」との語義で用いられる用語である[1]。

慰安婦

概念・呼称[編集] 慰安とは[編集] 一般的に「慰安」とは「心をなぐさめ、労をねぎらうこと。 また、そのような事柄」「日頃の労をねぎらって楽しませること」で[17][18]、2014年時点の日本の法令では従業者に対する厚生福利の一部を成す概念として、たとえば以下の規制文書に、この言葉が用いられている[19]。 高速道路事業等会計規則 (平成17年6月1日国土交通省令第65号)東京湾横断道路事業会計規則 (昭和63年1月21日建設省令第1号)鉄道事業会計規則 (昭和62年2月20日運輸省令第7号)法人税法施行令 (昭和40年3月31日政令第97号)自動車道事業会計規則 (昭和39年3月31日運輸省・建設省令第3号)租税特別措置法 (昭和32年3月31日法律第26号)ガス事業会計規則 (昭和29年4月1日通商産業省令第15号)船員職業安定法 (昭和23年7月10日法律第103号)船員職業安定法施行規則 (昭和23年11月10日運輸省令第32号)船員法 (昭和22年9月1日法律第100号)

Itō Hirobumi. In 1885 he became Japan's first Prime Minister, an office his constitutional bureau had introduced.

Itō Hirobumi

He went on to hold the position four times, and wielded considerable power even out of office as the occasional head of Emperor Meiji's Privy Council. A monarchist, Itō favoured a large, bureaucratic government and opposed the formation of political parties. His third government was ended by the consolidation of the opposition into the Kenseitō party in 1898, prompting him to found the Rikken Seiyūkai in response. He resigned his fourth and final ministry in 1901 after growing weary of party politics, but served as head of the Privy Council twice more before his death. Itō's foreign policy was ambitious. The Japan–Korea Treaty of 1905 made Itō the first Japanese Resident-General of Korea. Life[edit] Early years[edit] Itō was born as Hayashi Risuke. Political career[edit] Itō went to Europe in 1882 to study the constitutions of those countries, spending nearly 18 months away from Japan.

Unit 731. Building on the site of the Harbin bioweapon facility of Unit 731 Unit 731 (Japanese: 731部隊, Hepburn: Nana-san-ichi Butai?)

Unit 731

Was a covert biological and chemical warfare research and development unit of the Imperial Japanese Army that undertook lethal human experimentation during the Second Sino-Japanese War (1937–1945) of World War II. It was responsible for some of the most notorious war crimes carried out by Japan. Unit 731 was based at the Pingfang district of Harbin, the largest city in the Japanese puppet state of Manchukuo (now Northeast China).

It was officially known as the Epidemic Prevention and Water Purification Department of the Kwantung Army (関東軍防疫給水部本部, Kantōgun Bōeki Kyūsuibu Honbu?). Formation[edit] In 1932, Surgeon General Shirō Ishii (石井四郎 Ishii Shirō), chief medical officer of the Japanese Army and protégé of Army Minister Sadao Araki was placed in a command of the Army Epidemic Prevention Research Laboratory (AEPRL). Akihito. Yasukuni-jinja. Un article de Wikipédia, l'encyclopédie libre.

Yasukuni-jinja

Le Yasukuni-jinja (sanctuaire Yasukuni) (靖国神社, Yasukuni-jinja? , littéralement « le sanctuaire shinto du pays apaisé », ancienne graphie : 靖國神社) est un sanctuaire shinto situé dans l'arrondissement de Chiyoda-ku à Tōkyō. Ce sanctuaire fut construit en 1869 pour rendre hommage aux Japonais « ayant donné leur vie au nom de l'empereur du Japon ». Les âmes de plus de deux millions de soldats japonais morts de 1868 à 1951 y sont déifiées. Considéré comme l'un des symboles du passé colonialiste du Japon et des nationalistes, il est célèbre pour les polémiques qu'il suscite en Extrême-Orient, et notamment dans les pays autrefois partie de la sphère de coprospérité de la grande Asie orientale.

Histoire[modifier | modifier le code] En 1879, le sanctuaire prend le nom de sanctuaire de Yasukuni. À partir de 1959, des criminels de guerre de classes B et C sont divinisés, aboutissant à un total de 984 criminels divinisés en 1967[1]. 旭日旗. 1870年に大日本帝国陸軍の陸軍御国旗(軍旗)として初めて使用され、1889年に大日本帝国海軍の軍艦旗としても採用された。

旭日旗

現在は、陸上自衛隊で自衛隊旗、海上自衛隊で自衛艦旗として旭日旗が使用されている。 概要[編集] 『福神江の嶋もうて』(芳幾、1869年)。 恵比寿と大黒が千両箱を背負った馬をつれて江の島を訪れる。 周りには小判、江の島後景からは旭日が昇る「目出度さ」を表す構図。 「旭日」の意匠自体は比較的古くから広く親しまれており、一部は「日足(ひあし)」と呼称され武家の家紋として用されていた(「日足紋」)[2][3]。 旭日には古来からいくつもの種類があり、光線が四方八方に雲なく広がる意匠はハレを表現し、慶事などの際にめでたさ・景気の良さを強調するために用いられていた意匠でもあった[6][7]。 その旭日と紅白を意匠とし、日章旗(#日章旗の設定)を基に白地に太陽(日章)を表す赤系の光線を用いたものが「旭日旗」であり、1870年に大日本帝国陸軍の旗章たる「陸軍御国旗(軍旗)」として考案・採用、法令上初めて制定されたものが旭日旗の起源である(#旭日旗の制定)。 この陸軍御国旗として考案された旭日旗は光線が16条(十六条旭日旗)であるが、いわゆる旭日旗全体では他にも4条・8条・12条・24条など光線の本数が多彩に渡るものが存在しており、これらも統一して旭日旗と称される。 軍旗・自衛隊旗等に限らず、戦前戦後を通じ旭日の意匠が表現する「ハレ」・めでたさ・景気の良さにあやかり、民間においても祝事や企業・商品のロゴ、大漁旗、スポーツの試合などで使用されてきた。