background preloader

マクドナルド

Facebook Twitter

【再掲載】 「14年前の予言」(マクドナルドの今の惨状) <アジアの優等生:日本マクドナルド> 創業経営者・藤田田(でん)社長が率いる「日本マクドナルド株式会社」(本社:東京都新宿区)は、世界中のマクドナルド・エリアフランチャイズ企業の中でダントツの優等生である。

【再掲載】 「14年前の予言」(マクドナルドの今の惨状)

米国を除いた先進国中で(世界119カ国に出店)、日本はもっとも大きな売上高(4311億円)と高い成長率(年率11%)を誇っている。 2000年12月末の店舗数は3598店。 2001年7月には、ジャスダックに念願の店頭公開を果たした。 このままの勢いが続けば、売上高で1兆円、店舗数で1万店を近い将来超えてしまうことも夢ではない。 雇用創出力という点でも日本マクドナルドは抜きん出ている。 <死角#1:為替レートの反転> マクドナルドのこれまでの大躍進は、消費者に対して価値(V)のある商品を提供してきたことに尽きる。 <死角#2:高齢化社会の到来> 米国マクドナルド本社の事業経営が揺らぎはじめている。 <死角#3:食文化の和風回帰> 世界中いつでもどこでも、同じ味を同じ値段と標準化されたサービスで提供できることが、マクドナルドの強みである。 <死角#4:後継者の不在と労働力の確保> 日本マクドナルドは、「藤田商店」と米国本社とのフランチャイズ契約で成り立っている。 <死角#5;スローフード運動と食の安全性> 結論を急ごう。 追記: (1)以上のテーマについて、マクドナルドが店頭公開を控えた2001年3月28日に、ゼミ生たちとクラス討議を行った。 表1 「BIC MAC指数」 出典:小川孔輔(1999)「コラム:ビッグマックの法則」 『ゼネラル・マーチャンダイザー』3月号をデータ修正 表2 「過去の業績:日本マクドナルド(1971~2000年)」 出典:マクドナルド・ジャパン(

a1160386. Amazon.co. 【企業研究のご参考に!】日本マクドナルド会社概要と採用情報|キャリアパーク[就活] 【読書感想】マクドナルド 失敗の本質. マクドナルド 失敗の本質: 賞味期限切れのビジネスモデル 作者: 小川孔輔 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/01/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (7件) を見る Kindle版もあります。

【読書感想】マクドナルド 失敗の本質

マクドナルド 失敗の本質―賞味期限切れのビジネスモデル 作者: 小川孔輔 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/01/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 内容紹介 ぐらつく、外食の雄・マクドナルド。 10年以上にわたってマクドナルドを追いかけてきた経営学者が、 藤田田・原田泳幸両氏の戦略をレビューするとともに業績不振の真の原因に迫る。 <おもな内容> 第1章 迷走するマクドナルド 第2章 マクドナルドはどう誕生し、世界最大の外食チェーンに成長したのか 第3章 マクドナルドのビジネスモデル 第4章 原田マクドナルドの経営改革 第5章 原田マクドナルドの戦略転換 第6章 悪夢の3年:客はどこへ消えたのか? 業績の悪化が続き、「安全性」を揺るがす事件が伝えられているマクドナルド。 やっぱり疫病神? マック異物混入・赤字転落は元CEOの原田泳幸が原因だった!?|LITERA/リテラ. 『勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論 』(朝日新聞出版) 異物混入事件の影響は大きく、1月の売上高が38.6%減と、2001年7月の上場以来、最大の落ち込みとなった日本マクドナルドホールディングス。

やっぱり疫病神? マック異物混入・赤字転落は元CEOの原田泳幸が原因だった!?|LITERA/リテラ

5日の決算発表会見では、同社のサラ・カサノバ社長が異物混入問題について深々と頭を下げ、「お客様に多大なご迷惑をかけた」と謝罪した。 一方、「現在のマクドナルドの不調について、一部のメディアが私だけに原因があったかのように報じていますが、違和感を覚えます。 (略)米国本社から赴任してきたCOOに実務を任せてからは約二年がたっています。 その事実は理解してほしいと思います」と言うのは、原田泳幸ベネッセホールディングス会長兼社長だ。 原田氏といえば、2004年、アップルコンピュータジャパン代表取締役社長だったが、ヘッドハンティングで日本マクドナルドCEOに就任。 しかし、就任したばかりの2014年6月、ベネッセでは個人情報漏えい事件が発生。 赤字転落のマクドナルドに、信用失墜で大リストラのベネッセ……「プロ経営者」の周辺は経営難ばかり。 いわく12月に創業以来初めて本社やグループ約40社の全部門から約300人の希望退職を募集したベネッセに関しては、「ベネッセの場合も、今回発表した組織や社員数の適正化を含む変革の必要性は、事前に課題として認識したうえで社長の職を引き受けました」「もちろん今回の事故は予見できませんでした。 マクドナルドに関しては、「ハンバーガービジネスは非常にスピードが速い。 しかし、本当にそうだろうか。 カリスマが分析!マクドナルド業績が回復しない理由5 [企業経営のノウハウ] All About. どうしてマクドナルドに客足は戻らないの?

カリスマが分析!マクドナルド業績が回復しない理由5 [企業経営のノウハウ] All About

成功する店舗経営のコツを今問題が起きている店舗から考えてみました なぜマクドナルドの業績は回復しないのでしょうか? 昨年社長が交代したマクドナルドですが、経営の達人をもってしても、業績回復の兆しは見えません。 今回は、現場歴40年の「店長養成道場」のカリスマガイドがマクドナルドが復活しない本当の理由を考えてみました。 その1. まず、現在のマクドナルドの店舗経営は、Q=Quality S=Service C=Cleanliness(商品の品質・店舗全体のサービス・清潔感)のバランスが完全に崩壊しています。 マクドナルド 失敗の本質: 賞味期限切れのビジネスモデル - 小川 孔輔 - Google Books. マクドナルドが犯した最大の失敗。「望まぬ顧客」はなぜ増えたのか?- 記事詳細|Infoseekニュース. 最近ようやく業績が回復してきたマクドナルド。

マクドナルドが犯した最大の失敗。「望まぬ顧客」はなぜ増えたのか?- 記事詳細|Infoseekニュース

期限切れの鶏肉の使用と異物混入問題が業績悪化の決定打になったと言われていますが、無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、それ以前から「顧客の質」が低下し、危ない、うるさい、不衛生といったイメージが客足を遠のかせていたと分析しています。 マクドナルドは顧客の選別で失敗。 「逆選択」のワナ こんにちは、佐藤昌司です。 顧客は選別する必要があります。 マクドナルドのフランチャイズ大量閉店の理由と原因!今後の展開は. 5月25日を『マックスマイルの日』と制定し、新メニューの登場や、お手軽マックシリーズの開拓など、世間でも何かと話題のマクドナルド。

マクドナルドのフランチャイズ大量閉店の理由と原因!今後の展開は

しかし、つい先日、エッグチーズバーガー、バーベキューポーク、ハムレタスバーガーをメインに据えた『おてごろマック』を登場させたばかりなのに、その甲斐虚しく、 『これならコンビニバーガーの方が良い』 と言われる始末。 マクドナルドの失敗が告げる「戦後モデル」の終わり(前篇) なぜ「小さくて強い農家」が若者を惹きつけるのか 小川孔輔×久松達央 WEDGE Infinity(ウェッジ) 「小商い」を、強くて持続的なビジネスにするために必要なものとは何か――。

マクドナルドの失敗が告げる「戦後モデル」の終わり(前篇) なぜ「小さくて強い農家」が若者を惹きつけるのか 小川孔輔×久松達央 WEDGE Infinity(ウェッジ)

フードサービス界の巨人、日本マクドナルドが負のスパイラルに落ち込んでいくのと時を同じくするように刊行された著書『マクドナルド 失敗の本質 賞味期限切れのビジネスモデル』(東洋経済新報社)が話題の経営学者と、「小さくて強い農家」であるためのノウハウを著書『小さくて強い農業をつくる』(晶文社)で惜しみなく公開した農園主の対話は、日本の高度成長を支えた理論の限界を指し示すものになった。 小売が輝きを失った時代 久松:小川先生がいきなりうちの農園に来てくださったのは、『キレイゴトぬきの農業論』(新潮新書)を出した後でしたよね。 小川:農業関係で面白い本があると僕に教えてくれる方がいて、その人に薦められて読んでみたらすごく面白かったんです。 面白いとすぐ著者にメールしたり、現場に会いに行くのが癖みたいになっているんですよ。 以前はオーガニック産品の流通の研究をしていたので、久松さんの「結果として有機だった」という考え方が面白かったし、なんとなく納得できた。 マクドナルドまとめ…上場以来最悪の赤字に : まとめ読み「NEWS通」 まとめ読み「NEWS通」 上場以来最悪の赤字 日本マクドナルドホールディングス(HD)は9日、2015年12月期連結決算を発表し、税引き後利益は01年の上場以来最悪の347億円の赤字となった。

マクドナルドまとめ…上場以来最悪の赤字に : まとめ読み「NEWS通」

税引き後赤字は2年連続だ。 異物混入問題などで離れていた客足は戻りつつあるが、本格的な業績回復に向けて正念場が続く。 マクドナルド失敗の本質 - 要件を言おうか. しんまです。

マクドナルド失敗の本質 - 要件を言おうか

タイムリーな本を書店で発見してしまった。 「マクドナルド失敗の本質」 内容も確かめず即買いしました。 本書の大筋な内容は、マクドナルド誕生から今までの足跡を振り返り、経営学の観点から日本マクドナルドの売上であったり、客数であったりを分析していき、マクドナルドという会社の今日の失敗の原因を突き止めていくというものです。 今のマクドナルドの現状がひどいものだから、さぞかし辛辣な批判的内容を想像していましたが、実際はそうではなく、かなり客観的にデータを分析して、丁寧に解説がされています。 こいつは良い本を買ってしまった。 オーナー社長藤田田の日本的経営 出典. 小川孔輔『マクドナルド 失敗の本質』 - NICE & EASY. 戦略ケース 崖っぷちのマクドナルド(2014年) - J-marketing.net produced by JMR生活総合研究所. 止まらない業績悪化 2014年12月期、上場以来初の赤字転落へ 日本マクドナルドホールディングス(以下、日本マクドナルド)の業績低迷が止まらない。

戦略ケース 崖っぷちのマクドナルド(2014年) - J-marketing.net produced by JMR生活総合研究所

2014年10月の月次セールスレポート(11月6日発表)によると、既存店売上高は前年同月比17.3%減となった。 これで既存店の二桁減少は4ヶ月連続となる。 遡ること1ヶ月前の10月7日に開かれた緊急会見で、日本マクドナルドは7月の上半期決算発表時では「未定」としていた「平成26年12月期 通期業績予想」を発表した。 売上高は2,210億円(前期比15.1%減)、営業損失94億円、経常損失107億円、当期損失170億円の見通しで、同社の赤字決算は1973年以来41年ぶり、上場以来初となる。 既存店の二桁減少、さらに赤字転落の最大の原因は、7月に起きた「使用期限切れ鶏肉」の問題であることは間違いない。 「使用期限切れ鶏肉問題」の余波が続く 「使用期限切れ鶏肉問題」は、日本マクドナルドの看板商品のひとつ「チキンマックナゲット(以下、チキンナゲット)」を生産していた中国の食肉加工会社、上海福喜食品が使用期限切れの鶏肉を使用していたことが上海のテレビ番組の潜入取材により発覚した。 しかし、この一件は特に食品の安全に敏感なファミリー層の客離れにつながった。 日本マクドナルド!今後の展開はどうなるか!? - NAVER まとめ. 米マクドナルドが売上回復のために実行した戦略. 今回取り上げるのは、売上高のV字回復を果たした米マクドナルドの経営戦略について。 以下、最新のデジタルマーケティング情報をいち早く伝えるDIGIDAY[日本版]のこちらの記事より転載します。 2014年11月に過去10年で最低の水準にまで低下した、米マクドナルドのチェーン全体における売上高。 それが、2015年秋になって、ようやく復調の兆しを見せはじめた。

なお、同社の売上高が増加したのは、実に2013年以来はじめてのことであったという。