background preloader

Okadatk

Facebook Twitter

Tak Okada

“時間”を売り買いする経済システム「タイムバンキング」 - CNET Japan. 「時間と技術はあるけれどお金がない」――学生、アーティスト、起業家など、そんな悩みを持つ人は少なくない。

“時間”を売り買いする経済システム「タイムバンキング」 - CNET Japan

では、お金がないのにサービスを受けるにはどうすればいいか。 友人や知り合いの間であれば、「ギブ・アンド・テイク」の精神で自分たちの技術を出し合ってお互いを助け合うのが一般的だろう。 この助け合いコミュニティを広範囲に拡大し、「時間」を流通単位とした経済システムが「タイムバンキング」である。 もともとアメリカやイギリスで始まったタイムバンキング、オランダではハーグ市を中心に広がっている。 「シェアリングエコノミー」を実践する10の海外スタートアップ - CNET Japan. 定額制で味わう「高級車オーナー」の気分、キャデラックが新サービス開始へ. キャデラック CTS-V (Darren Brode / shutterstock.com) 米ゼネラルモーターズ(GM)の高級車ブランドであるキャデラックは1月5日、ニューヨークで「自動車のサブスクリプション・サービス」を開始すると発表した。

定額制で味わう「高級車オーナー」の気分、キャデラックが新サービス開始へ

キャデラックが2月1日から提供する新たな「ブック・バイ・キャデラック(Book by Cadillac)」は、会員向けに無期限で好みのモデルを貸し出す定額制サービス。 契約後のどの時点でも別のモデルに変更可能であるほか、加入後に車のリース契約や購入の義務が発生することもない。 料金は月額1,500ドル(約17万円)で、一か月ごとに更新するシステム。 SUVの「XT5」と「エスカレード」、セダンの「CT6」といったモデルのプラチナムグレードに加え、「CTS-V」「ATS-V」などが選択可能だ。 ホンダ、自立するバイク「Honda Riding Assist」世界初公開 (Impress Watch) 本田技研工業は1月5日(現地時間)、米ラスベガスで開催の「CES2017」において、ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立する2輪車の実験車「Honda Riding Assist」を世界初公開した。

ホンダ、自立するバイク「Honda Riding Assist」世界初公開 (Impress Watch)

【この記事に関する別の画像を見る】 Honda Riding Assistは、ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったホンダ独自のバランス制御技術を2輪車に応用。 ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減。 一方で、通常の走行時には、既存の2輪車と同等の操縦性を実現。 ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする提案。 Honda Riding Assistのほか、ホンダブースでは「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティのある世界)」をテーマとして、世界初公開となるAI技術「感情エンジン HANA(Honda Automated Network Assistant)」を搭載する自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカー「Honda NeuV」などを出品。 パナソニックはイノヴェイションを起こせるか? 初の「公募」制度が提示する未来|WIRED.jp. 「カタパルト」とは、艦船などの甲板から飛行機を発進させる装置で、古代ギリシアの投石器「カタペルテス」に由来する。

パナソニックはイノヴェイションを起こせるか? 初の「公募」制度が提示する未来|WIRED.jp

イノヴェイションを起こす彼らの背中を後押しするようなプロジェクト名となっている。 アマゾン、「配送業界のUber」を実現するアプリ開発中|WIRED.jp. PHOTO: adrianhancu / 123RF 『Business Insider』の記事によると、アマゾンは、トラック輸送事業者と荷主を、第三者による仲介なしに直接つなぐアプリを作成しているらしい。

アマゾン、「配送業界のUber」を実現するアプリ開発中|WIRED.jp

このアプリの仕組みは、大量の荷物や製品を運びたい荷主をトラックの運転手自身が探しやすくなるという点で、配車サーヴィスのUberによく似ている。 記事によるとアプリは、リアルタイムの価格設定情報や、運転手が従うべき道順のほか、追跡や支払いのオプションも備えるという。 貨物取扱業務を行うテック企業数社とアマゾンが接触しているとも報道されている。 マリオラン1200円は高いか 「クソゲー」「搾取」の批判 (J-CASTニュース) ブロックチェーンは本当に世界を変えるのか - ビットコインは本当に安全なのか、理論研究が示す意外な落とし穴:ITpro. ビットコインにおけるブロックチェーンは、暗号技術を駆使することで、類い希な耐改ざん性を実現した。

ブロックチェーンは本当に世界を変えるのか - ビットコインは本当に安全なのか、理論研究が示す意外な落とし穴:ITpro

しかし、暗号通貨としてのビットコインの安全性を論じるには、耐改ざん性の観点のみでは不十分だ。 同じコインが二重に使用されることがない、取引記録に矛盾を生じさせたりサービス不能に陥らせたりする攻撃が成立しないといった、様々な観点の安全性について検証する必要がある。 ビットコインは、ブロックチェーン技術を用いたサービスとして最も歴史が長い。 運用の開始から7年間、プログラムのバグ以外でシステムの停止やデータのロールバックなどを起こしたことはない。 だが最近の研究では、ビットコインのプロトコル設計や実装上の問題により、不正な支払い、データの改ざん、システムの停止などを引き起こしやすい状況を作り出せることが報告されている。 ビットコインにはどのような脆弱性が発見され、脆弱性を解決する修正案が提案されてきたのか。 1. CatalogDownload. 歴史覆せるか?「外食大手の新業態は失敗する」:日経ビジネスオンライン. 大手外食チェーンの新業態開発は死屍累々の歴史だ。

歴史覆せるか?「外食大手の新業態は失敗する」:日経ビジネスオンライン

大企業病によって店の個性や創造性が阻まれて、創業者のアイデアに満ちた「個店」に負ける。 ではどうすれば活路が開けるのか。 模索を続ける大手チェーンへの取材を基に、そのヒントを探る。 *当連載は、日経ビジネス2016年5月16日号特集「外食崩壊 ~賞味期限切れのチェーン店~」との連動企画です。 ARM買収額の240億ポンド、高い?安い? 中国の半導体増強はさらに活気、すべてを飲み込む勢い(2ページ目) 必要なのはデータを“理解”すること:Googleが語る、ニューラルネットワーク. データを“理解”することが必要.

必要なのはデータを“理解”すること:Googleが語る、ニューラルネットワーク

2030年には人工知能は小中学生並みに!?:NEDOが人工知能技術の進展予測を公表. 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2016年4月21日、人工知能技術の進展予測をまとめた「次世代人工知能技術社会実装ビジョン」を公表した。

2030年には人工知能は小中学生並みに!?:NEDOが人工知能技術の進展予測を公表

同ビジョンは、現在から2020年まで、2020年から2030年まで、2030年以降という3つの時間軸を設け「ものづくり」「モビリティ」「医療/健康、介護」「流通/小売り、物流」の4分野でどのように人工知能技術と関連技術の進展予測とその効果を示したもの。 2015年12月から有識者からなる検討会での議論を経て、作成に至った。 同ビジョンの策定の狙いや位置付けについてNEDO技術戦略研究センター新領域・融合ユニット長の平井成興氏は「人工知能の研究開発目標と産業化のロードマップ策定のため、人工知能技術戦略会議の創設など政府の取り組みが進んでいる。 分散処理技術の適用に成功:NEC「予測の根拠を説明できる人工知能」を強化. 「発電所を管理する人工知能が突然、『3基発電機の稼働を停止せよ』とだけ言い出しても、『はい、そうですか』とは従えない。

分散処理技術の適用に成功:NEC「予測の根拠を説明できる人工知能」を強化

『なぜ、どうして、3基も稼働を停止させなければならないか』という理由、根拠が分からない限り、いくら人工知能の予測が正しくても従えない。 結果だけではなく、『なぜ、どうして』を説明できる人工知能が求められる用途は多くある」 いまさら聞けないDeep Learning超入門. 2台に1台がシェアリングになる?(2ページ目) 日本はスマート工場で出遅れているのか. 世界最大規模の産業技術の展示会「Hannover Messe 2016」が、ドイツ時間2016年4月25日午前9時に開幕する。 「Industrie 4.0(インダストリー4.0)」旋風の中で昨年は“傍観者”の感が否めなかった日本企業だが、今年は“主役”とまではいかずとも、まずは舞台に上がろうという機運が高まっている。

「スマートマニュファクチュアリング」の事業化を宣言するコニカミノルタ代表執行役社長の山名昌衛氏 [画像のクリックで拡大表示] 新電力大手、異例の撤退へ(2016年2月24日(水)掲載) “自分でトナーを発注するプリンタ”など、「Amazon Dash Replenishment」で実現. 米Amazon.comは1月19日(現地時間)、ネットに接続した家電が自ら必要な消耗品をAmazon.comから購入するスマートホームサービス「Amazon Dash Replenishment」を発表した(replenishmentは補充という意味)。 まずはブラザーが一部のプリンタで対応し、米国で同日からサービスを開始する。 Dash Replenishment対応プリンタ. クラウド、ビッグデータ、人工知能がクルマの進化を促す. マツダの変速機工場に躍進の原動力を見た. 高根英幸=自動車ジャーナリスト 鋳造技術の見える化 高度な薄肉鋳造品を作り出せる超高速液相鋳造を実現したのは、熔湯の射出スピードを高めたり金型内の抵抗を減らす工夫によるが、鋳造工程の各部をシミュレーションにより見える化したことが貢献している。 [画像のクリックで拡大表示] ミッションケース加工ラインに並ぶ汎用工作機械 マシニングセンタとマルチアクセス可能な治具により、わずか2工程にまとめあげられた切削加工工程。 ミッションケース加工技術の革新. ニュートリノとは何か. 2015年のノーベル物理学賞は、「ニュートリノ振動」を観測した東京大学 宇宙線研究所 所長の梶田隆章氏とカナダQueen's University,Director of Sudbury Neutrino Observatory Institute(SNO)のArthur Bruce McDonald氏が受賞した。

ニュートリノ関連でノーベル物理学賞は今回が3回目だ。 1度めは1995年、原子炉から放出されるニュートリノを実験的に検出した研究者が受賞。 2度目は2002年、太陽や超新星1987Aから放出されたニュートリノの観測に成功した研究者(東京大学 名誉教授の小柴昌俊氏ら)が受賞した。 ではこのニュートリノとは一体何か。 1990年当時、東京大学 宇宙線研究所 教授だった戸塚洋二氏は、「電荷のない電子のようなもの」と一般向けの講演会で説明している注1)。 注1)やや専門的な説明では、電子と電子ニュートリノ(νe)の違いは「弱アイソスピン」という量子数の違いとして理解されている。 ニュートリノは太陽から大量に放出され、今も我々の体を貫き続けている。 The Internet of Things - Japan. IoTF. 自動運転技術:パイオニアがアウディBMWダイムラーに買収されたHEREと提携、自動運転向け地図で. パイオニアと地図データ大手のHEREは2015年9月7日、自動運転・高度運転支援向け高度化地図の活用について協議を進めることで合意したと発表した。 国内向けのみならずグローバルでの提携が前提となる。 協議の主な内容は以下の通り。 高度化地図の活用に関する連携HEREが保有する自動運転・高度運転支援向け地図の提供パイオニアが開発している走行空間センサー「3D-LiDAR」の提供 提携の締結時期などの詳細は今後つめる。 2015年の半導体業界予測(4):450mmウエハーへの移行、多くのメーカーは消極的?

メーカーの統合が進む半導体業界. 50 Smartest Companies 2014.

Automotive future

ビジネスニュース 業界動向:MEMS首位はボッシュ、Appleの採用拡大で. 米国の市場調査会社であるIHSによると、ボッシュは2013年のMEMSセンサー/アクチュエータの売上高ランキングにおいて、トップの座に立ったという。 「iPad」などのデザインウィンを獲得したことが大きかったようだ。 2012年のMEMS売上高ランキングでは、ボッシュとSTマイクロエレクトロニクスの両社とも7億9400万米ドルでトップを獲得している。 ボッシュの2013年のMEMS売上高は、前年比26%増となる10億米ドルに達した。 2013年のMEMS市場は、前年比5.8%増となる89億6000万米ドル規模だった。 一方STマイクロエレクトロニクスは、2013年のMEMS売上高が2.1%減少し、ボッシュに差をつけられる結果となった。 2013年の上位20社にランクインしたMEMSメーカーの売上高は、合計で69億9000万米ドルに達した。 MEMSセンサー分野で堅調に成長するボッシュ ボッシュは、車載向けMEMSを手掛けるメーカーとして広く知られている。 ADAS. Lenses.