background preloader

電子工作

Facebook Twitter

始めるAVR. ISPライター ISP(ICSP)書き込みでは マイコンを基板に実装したままプログラムの書き込みをする事ができる マイコンのICムカデを取り外してライタのソケットに刺して書き込みしなくても、そのまま書き込みに必要な線をつなげば基盤上で書き込める便利な機能です。

始めるAVR

そのため、ライタ=書き込み器にはICを差し込むソケットはなくて、 PICのRCDライタ ISPライタにはこんな書き込むマイコンICの差し込みソケットはない。 ISPライタからは書き込みに必要な線6本が出ている。 AVRのISPライタからは このように6本の線が出ています(AVRmarkⅡの例) ライタ=書き込み器が違ってもISP書き込みライタはこの書き込みピン名称は同じで6本。 この各線と AVRの足をつないで書き込みします。 ISPライターは、この6本の端子をチップと接続して書き込みをする。 打倒100円ラジオ!4石スーパーラジオの製作~トホホ~ラジオ1番~ 100均ショップから、ダイソーの100円ラジオが姿を消してずいぶん経つ。

打倒100円ラジオ!4石スーパーラジオの製作~トホホ~ラジオ1番~

3石+ダイオードでスーパヘテロダイン式ラジオが買えるとあって、ラジオマニアの格好の”おもちゃ”としてブームになった。 2チャンネル掲示板では100円ラジオ関連のスレッドが賑わい、ネット上でも、100円ラジオの分解記事や改造ネタなど多種多芸だ。 このサイトも現在も100円ラジオのキーワードで訪れる方があとを絶たない。 そこで、価格ではとても太刀打ちできそうにないが、100円ラジオと同様基本的な回路構成で、オリジナルをぶっ飛ばせるような面白いラジオを作ろうと考えた。 もっとも未だかつて自作スーパーラジオでマトモに成功したためしが無いので訓練も兼ねてやってみることにした。 そういうわけで、ラジオの製作関係の本をむさぼり読んでいると、有名な奥沢清吉先生の本に面白い回路が見つかった。 使用するトランジスタが、2SC372という汎用トランジスタだ。’

トランジスタ - びんずめ堂. 定番中の定番の電子部品です.中学校の技術科で使った三本足の部品を覚えている人も多いのではないでしょうか.

トランジスタ - びんずめ堂

種類とか トランジスタには大きく分けて,PNP型とNPN型の2種類があります.この2つは回路図上でも微妙に記号が異なっています.さらに,型番で高周波用と低周波用の2種類が区別できます. 他に,電流ではなくて電圧で動作するFETなどもあります.そちらの説明は次の機会に. My Tube Amp Manual. 2SC1815のデータシート 部品メーカーの多くはWebサイト上でデータを公開しています。

My Tube Amp Manual

これらのデータはアマチュアのアンプビルダーのためにあるのではなく、製品メーカーの設計エンジニアのためにあります。 部品のデータがないと製品の設計はできません。 部品メーカーとしては自社の部品をいろんなメーカーの製品で使ってもらいたいですから、そのためには設計エンジニアの便宜をはかることが重要です。 そうした事情から部品メーカーはどんどん設計で必要とされるデータをWebで公開するようになったのです。 これを最初にやったのはナショナルセミコンダクター社だったと記憶します。 この図をみると、信号源抵抗が5kΩくらいでコレクタ電流が30μAくらいの時(NF<1dB)最も低雑音になるように見えます。 Control Relays over I2C with ATtiny running Arduino Code. Tiny AVR Programmer Hookup Guide. WS2812B + LPC810. Arduino勉強会/0C-米粒Arduinoを使ってみる - PukiWiki. Arduino勉強会 2014/08/31からのアクセス回数 1405 米粒Arduinoを使ってみる † Arduino勉強会のメンバーの岡野さんに米粒大のAVR ATtiny10を紹介して頂きました。

Arduino勉強会/0C-米粒Arduinoを使ってみる - PukiWiki

調べて見るとArduino用にライブラリーを提供している人もいるので、米粒Arduinoを 使ってみることにしました。 Atmel Studioの入手 † ATTiny10に書き込むには、Atmel Studio6を使ってAVR MkIIのファームウェアを書き替える 必要があるのですが、最新の6.2にはtoolメニューにAVR Tools Firmware Upgradeがありません。 そこで、以下のサイトから6.1betaをダウンロードしました。 ライターの変換モジュール † ATtiny10はとても小さいので、秋月の実装モジュールを運良く購入できました。 変換基板も秋月にありますので、自分でハンダ付けすることも可能です。 最初に用意したのは、ATtiny10へのライターとATtiny10との変換モジュールです。 変換モジュールの結線は、以下の通りです。 ピン配置は、以下の画像を参照してください。 Tiny10の書込. No.24 Tny10の書込 前 Tiny10 LED点滅プログラム(ASM)Tiny10 LED点滅プログラム(HEX) 前.

Tiny10の書込

WS2812B. HŒŽ‚ÅWS2812B”ƒ‚Á‚Ä‚µ‚Ü‚Á‚½‚Ì‚Å“®‚©‚È‚¢‚©‚à’m‚ê‚È‚¢‚¯‚ê‚Ǎì‚Á‚Ä‚Ý‚½ @HŒŽ‚ŃRƒ“ƒgƒ[ƒ‰[•tƒtƒ‹ƒJƒ‰[LED‚𔃂Á‚ÄŒ©‚Ü‚µ‚½BiˆÀ‰¿‚É’Þ‚ç‚ê‚āj @ƒfƒBƒW[ƒ`ƒF[ƒ“Ú‘±‚Å”zü‚ªŠÈ’P‚È‚Ì‚ÅLED 10ŒÂ‚ÆPIC12F1822‚ōì‚Á‚Ä‚Ý‚Ü‚µ‚½B.

WS2812B

WS2812B + LPC810. LED driver communication protocol: SPI / NZR. マイコン内蔵RGB 8LEDスティック: LED(発光ダイオード) 秋月電子通商 電子部品 ネット通販. ADT7410使用 高精度・高分解能 I2C・16Bit 温度センサモジュール: センサ一般 秋月電子通商 電子部品 ネット通販. 細ピンヘッダ 1×40 アソートパック (10本入): パーツ一般 秋月電子通商 電子部品 ネット通販. 【共立エレショップ】>> AVR FLASHマイコン[R指]: 【能動・受動・機構パーツ】 << 電子部品,半導体,キットの通販. 【共立エレショップ】>> AVR FLASHマイコン[R指]: 【能動・受動・機構パーツ】 << 電子部品,半導体,キットの通販. 403 エラー : @niftyホームページサービス. 米粒AVRでI2C通信を使ってLCD表示. 前の記事で紹介したI2Cライブラリを使った、LCDの表示のライブラリ的なもの 使っているLCDは、ストロベリーリナックスで販売されているミニI2C液晶モジュール(8x2行)[バックライト付] というもの。

米粒AVRでI2C通信を使ってLCD表示

同じコントローラーが使われているものなら大抵は使いまわしが効くと思います。 ブレッドボードで使う上で、ピンが沢山出ていて面倒くさいので、VDD,GND,SDA,SCLの4本にまとめています。 I2C接続 米粒AVRのPB0がSDA、PB1がSCLとなっています。 ストロベリーリナックスのLCDの説明書には、プルアップ抵抗は数十kΩ以上を利用するように勧められています。 ソース. 米粒AVRでアナログ入力を試してみた. 米粒AVR(ATtiny10)に搭載されている8ビット4チャンネルのアナログ入力を試してみました。

米粒AVRでアナログ入力を試してみた

回路図 PB0は動作確認用のLED PB1は結果送信用のシリアル出力 PB2はアナログ読み込み用の10kの可変抵抗 以上のように接続しています。 プログラム このプログラムを実行すると、約100ms毎にPB2に接続されたボリューム(可変抵抗)の値をシリアルで送信します。 送信されるのはバイナリデータで、テキスト変換は行っていません。 今回PC用のシリアル通信ソフトは、Acknowrichを利用しました。 説明 米粒AVRには8ビット4チャンネルのアナログ変換があります。 アナログ変換には変換用のクロックが必要で、これにはCPUの動作クロックを分周して50~200kHzの範囲で与えます。 AVRISP mk2 を給電仕様に改造する - ブログ/こばさんの wakwak 山歩き. AVRISP mk2 を給電仕様に改造する 若松ネットガイガーのファームウェア開発で mbed ばかり弄ってましたが、mbed に出会う前は AVR にチャレンジしようと思っていてライター等々一式を揃えてました。

AVRISP mk2 を給電仕様に改造する - ブログ/こばさんの wakwak 山歩き

ずっと埃に被っていたのですが、つい先日ようやく発掘。 まずは定番の Lチカ で AVR の初歩を勉強~と思って始めてみると、どうやらターゲットのマイコンに対してライター(AVRISP mk2)からは給電しないみたい。 ネットで調べると完全な FAQ で、みんな別電源を用意して工作に励んでおられる様子。 確かに 5V の AVR マイコンもあれば 3.3V のものもあるし、それ以下の電圧で動かすやつもあるから、汎用ライターとしてはどの電圧で給電したら良いのか定まらないので、あえて給電をしない、という事情も分かるのですが、トリッキーな使い方をしない私みたいな者にとっては不便以外の何者でもありません。 AVRISP MkIIでATTiny10に書き込む際の注意. AVRISP MkIIでATTiny10に書き込む際にちょっとはまったので、自分への備忘録として書いておきます。 ATTiny10への書き込みには、以下の素晴らしい記事を参考にさせて頂きました。 Kosakalabさんの米粒AVR(ATtiny10)をArduino IDEで使う。 AVR IOポート マクロなど. ATtiny85、初心者が必ず通る「LEDの点滅」(メモ): 赤須Muのブログ. 1. Atmel Stusio を起動File → New → ProjectGCC C Executable Project を選択Name: TestLEDOK 一応(デフォルトのまま) F7 (BUild)を押してみる。

Build succeeded.が表示する事を確認する。 Output欄に、メモリ使用量が表示され、これで制限を超えていない事が判るようだ。 2. AVRマイコン ATTINY85-20PU Atmel製|マルツオンライン. ATtiny10実装モジュール (米粒AVR): マイコン関連 秋月電子通商 電子部品 ネット通販. Viva Mambo, Inc. : 有限会社ビバマンボ - ラボ - 米粒マイコン ATtiny10で食玩を改造する. 米粒マイコン「ATtiny10」を使ってなにが可能か試してみました。 LEDを点滅させるのはもちろん可能ですが、それ以外の使い途としてメロディを鳴らせられると楽しいのではないかと考え、実装と実際におもちゃの改造まで行ってみました。 この改造キットは下記のショップで販売しています。 ※ページの一番下に、マイコンを使用しない比較的簡単な改造方法を載せています。 ぜひお子様と一緒におためしください。 準備 (指先にのせています) ATtiny10 実装済みひとつ150円 ATtiny10 のみ10個パック 800円 ATtiny10適合基盤 1つ 20円 AVR ISP mkII ※マイコン書き込み用機器 ATtiny10(実装済み)が欠品中でしたので、マイコンと基盤を各10づつ揃えました。 メロディを鳴らしたい ATtiny10は電子工作で一般的なArduino IDEからの書き込みは出来ません。 3軸ジャイロ+3軸加速度センサ I2C MPU-6050. 3軸デジタルコンパス / I2C HMC5883L. Intel Galileo 開発ボード GALILEO1. ACアダプタ 5V 2A / 5V2A-APS. 1.8インチ TFT カラーLCD / SPI. FT232RLを使ってAVRでシリアル通信をする -byうしこlog. シリアル通信とUSART パソコン-マイコン間で、データの受け渡しをする方法としてシリアル通信があります。 AVRでは、シリアル通信が簡単にできる「USART」という機能があるので、USARTを使っていきます。 シリアル通信で必要なもの パソコンとマイコンを通信するために、両者をつなぐものが必要です。

今回は FT232RL (USB−シリアル変換モジュール) USBミニBタイプの線 (FT232RLとPCを繋ぐ線) を使用します。 FT232RLは、秋月で買えます。 1.ドライバをFTDI社からダウンロードします 2.ダウンロードしたフォルダを解凍します。 3.FT232RLをパソコンと繋ぐと、ドライバを要求されます。 4.先ほどのフォルダ(CDM ○○ WHQL Certified)を選びます。 これで完了。 FT231X USBシリアル変換モジュール: 半導体 秋月電子通商 電子部品 ネット通販. 超小型USBシリアル変換モジュール: 半導体 秋月電子通商 電子部品 ネット通販. BeagleBone Black. Beaglebone Black: パソコン・周辺機器.